腰の痛み改善に筋膜リリース。意外と効き目があることがわかりました

S(♂)は、長年腰の痛みに悩まされてきました。
いろいろ試しましたが、その中で効果があると実感したのが、筋膜リリースです。

筋膜ってなに?

身体は、筋肉によって支えられています。筋肉は、筋膜という薄い膜で包まれていて、その筋膜に包まれた筋肉は、さらに束ねられてグループごとに筋膜で包まれています。
筋膜に包まれた筋肉は身体全体を作り上げているので、筋膜が身体を包み込んでいると言っても過言ではないでしょう。
骨と同様に、身体を支えているので、第二の骨格とも呼ばれています。

筋膜の役割

この筋膜は、柔らかいコラーゲン繊維とエラスチン繊維でできています。これらの繊維がお互いに協力し合って身体の形を整えたり、身体の動きに合わせて形を戻したりしています。
大きく分けると筋膜は以下の役割を持っています。

・筋肉を包み込み、筋肉と筋肉の間に仕切りを作り、身体の姿勢を保ちます。
・筋肉同士がこすれあうと摩擦が起きます。筋膜はこの摩擦から筋肉を守ります。
・筋肉同士の力の伝達を行います。

筋膜は柔らかい組織なので、縮んだり、くっついたりしてしまいます。これが、コリや痛みを招き、筋肉の柔軟性を損なう原因となると言われています。

筋膜リリースとは

パソコンなどのデスクワークを1日中することで、長時間同じ姿勢でいたりすると、筋膜同士がくっついたりして、筋肉自体の動きが悪くなってしまいます。
この筋膜同士がくっついている状態を引き剥がしたりさせる=リリースさせることで、正常な状態に戻すことととを、筋膜リリースと言います。
腰や背中のコリや痛みがある場合には、その部分の周りの筋膜をリリースすることで、痛みを改善することができます。

筋膜リリースの方法

従来は、専門のマッサージでしかできないと言われていましたが、ストレッチポールを使うことで、自分だけでできることが分かってきました。
今回は、腰の痛みに対しての筋膜リリースをご紹介します。
腰はいろいろな筋肉が関係しているため、痛い腰を直接刺激するよりも、腰の筋肉を動かしている周りの筋肉に注目する方が効果的です。
私の場合は、太ももの筋膜リリースをすると効果がありました。
やり方は簡単です。

ストレッチポールの上に、太ももが来るように乗り、ぐりぐり太ももをストレッチポールでほぐすだけです。

太ももの前、横、後ろを、往復10回程度を3回行うことで、筋膜がリリースされます。
特に、太ももの横を入念に行うことで、効果があります。
これを、毎日寝る前にするだけで、翌朝、腰が軽くなります。

皆さんも、ぜひ、お試しください。

Posted by S&S