端午の節句につきものの柏餅やちまき!由来を知ってさらにおいしく食べよう!

端午の節句につきものの柏餅やちまき!由来を知ってさらにおいしく食べよう!

端午の節句につきものの柏餅やちまき!由来を知ってさらにおいしく食べよう!


端午の節句、つまりこどもの日のことですが、皆さんはこの日に何を食べていますか?
元々は男の子の行事でしたが、現代では性別に関係なく、子どもの健やかな成長を願ってお祝いする日となっていますね。
お料理としては出世魚のブリや「勝つ男」にかけたカツオ、ちらし寿司なんかが多いでしょうか。
しかし、やっぱりこどもの日と言えば、柏餅! もしくはちまきですよね。
今回は柏餅やちまきのことについて、調べてみたことを紹介します。

柏餅は、跡継ぎが途絶えず、子孫繁栄を象徴する縁起物!

柏餅は、江戸時代に日本で作られるようになったお菓子です。
主に関東圏でよく食べられています。

柏餅を包んでいるのは、柏の葉っぱ。
元々柏の木には神様が宿っているとされて神聖視されていました。
さらに、新しい芽が出てくるまで、古い葉っぱが落ちないという特徴があります。
子どもが生まれるまで親が死なないことと結びついて、縁起の良い食べ物として端午の節句に柏餅が食べられるようになりました。

小豆あんが入っているものと、味噌あんが入っているものの2種類が主流です。
ヨモギにも邪気払いの意味があるため、ヨモギ餅を使っているものも見かけますよね。

ちまきは中国から伝来した、邪気払いの象徴!


ちまきは、もち米やうるち米、米粉で作ったお餅を、チガヤの葉やササの葉などに包んで蒸したものです。
主に関西圏でよく食べられています。

端午の節句にちまきが食べられるようになったのは、中国の習慣が元になっています。

中国の楚の時代に、大変高名な詩人で政治家の屈原という人がいました。
王の信頼も厚く、側近として使えていたこの人は、陰謀によって国を追われることに。

国の将来に絶望し、川に身を投げてしまったそうです。
元々民衆から絶大な人気と人望があったため、その死は大いに嘆き悲しまれたのだとか。

命日の5月5日になると、屈原への供養のために川に供物を投げ入れていましたが、ここで困ったことが起きてしまいます。
なんとその川には悪い龍が住み着いていて、供養の品が屈原の元に辿り着く前に、勝手に食べてしまうのです。

そこで龍が苦手にしていた楝樹の葉っぱでちまきを包むことにしました。
さらに邪気を払うために5色(赤・青・黄・白・黒)の糸で縛ってから川に投げ入れたところ、無事に供物が届くようになったという故事があります。

これがちまきの始まりとされており、5月5日にちまきを食べて災いを退ける風習として日本に伝わってきました。
楝樹の葉っぱについては、他にもチガヤやササという説もありますが、どれもちまきを作る際に使われるものですね。

また、邪気を払うために縛った5色の糸は、こいのぼりの吹き流しの色としても残っています。

おわりに


柏餅は関東圏、ちまきは関西圏でよく食べられていますが、最近では両方食べる家庭も見かけますよね。
地方によってはさらに「べこ餅」や「笹巻き」、「あくまき」といったものが食べられているようです。
どれも子供の健やかな成長を願って食べられるものなので、日本中の縁起物をてんこ盛りにして、食べ比べてみるのも楽しいかもしれませんよ。

Posted by S&S