あらゆる料理で大活躍するアサリ。おすすめのメニューも紹介

あらゆる料理で大活躍するアサリ。おすすめのメニューも紹介

アサリの旬は1年に2回、春と秋の産卵前が一番おいしいとされています。
ですが、もちろんそれ以外の季節にも、おいしさを閉じ込めた缶詰や冷凍物など、手軽に楽しめるアサリがたくさん出回っていますよね。
今回はそんなアサリについて、たっぷり含まれている栄養のことや、おすすめのメニューを紹介します。
もちろん、忘れてはいけない砂抜きや塩出しについても、しっかりと解説しますよ。

アサリは栄養たっぷり!特に嬉しい成分はこちら!

鉄分

アサリに含まれる鉄分は100g当たり約3.8mgと、とっても豊富!
1日当たりに取ることが推奨されている鉄分の量は、男性7.5mg、女性10.5mgとされているので、これはかなり助かりますね。

ビタミンB12

貧血だけではなく、肌や髪を健康に保ったり、眼精疲労や肩こり解消に効果があったりします。

亜鉛

必須ミネラルの一種。
細胞分裂や新陳代謝の向上を促してくれます。
不足すると、免疫力が低下してしまったり、抜け毛がひどくなったりします。
味覚障害を引き起こすこともあるので、きちんと摂るようにしたいですね。

ただし、過剰に摂取してしまうと、今度は銅欠乏や免疫障害を引き起こすなどしてしまいます。
お医者さんから指導されたのではないなら、サプリメントなどではなく、通常の食事から摂るようにしましょう。

タウリン

うま味成分としても知られていて、血液中の中性脂肪やコレステロールを減らしてくれるものです。
また、肝臓の機能を高めてくれるため、アルコールの代謝にも活躍が期待できます。
二日酔い対策として聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

忘れてしまうと大惨事!砂抜きと潮出しはしっかりとしましょう!


アサリを調理する際に、必ずやらなければいけない作業が、砂抜きと潮出しです。
これを行わないと、せっかくの美味しいアサリが全て台無しになってしまうので、絶対に絶対に忘れないようにしましょうね!

砂抜きをするなら、アサリが住んでいた場所の海水が一番適しています。
ただ、潮干狩りに行ってきたならともかく、買ってきたアサリに出身地を聞くわけにもいきません。

代わりに、水500mlに対して、大さじ1杯の塩を溶かした食塩水を使いましょう。
容器に入れたアサリがギリギリ被るくらいまでの高さに食塩水を注ぎます。
アサリは暗くて静かな場所が大好きなので、上に新聞紙などを乗せておいてあげると、どんどん砂を吐き出してくれます。

この際、ザルやバットを利用して容器の底から離して置くようにしてください。
そうすれば、吐き出した砂をもう一度吸い込むことを防げます。

スーパーなどで買ってきたアサリなら、数時間程度で大体吐き出してくれますが、潮干狩りで採ってきたばかりのものなら、1晩くらい置いたほうがいいと思いますよ。

砂抜きが終わったら水から出した状態で、ザルの上に1時間くらい置いておき、余計な塩水を吐き出させましょう。

アサリを楽しむための、おすすめのメニュー!

最後に、アサリの栄養を丸ごと食べられる、おいしいアサリメニューを紹介しますね。
●アサリの味噌汁

●アサリの炊き込みご飯
https://www.instagram.com/p/B4cKxcXAEw_/

●クラムチャウダー
https://www.instagram.com/p/B7qTBVhjgxr/

●アサリのアクアパッツァ
https://www.instagram.com/p/2vbODyNg9K/

●アサリの佃煮
https://www.instagram.com/p/B4BdgvPAaDn/

●アサリの酒蒸し
https://www.instagram.com/p/BgTDjHMBjUK/

アサリの酒蒸しは、アサリの汁が出てしまうのが欠点ですが、汁をリメイクすることで解決できます。
別鍋に移してリゾットにしたり、パスタソースの要にしたりしてもとっても美味しく食べられるのでおすすめの方法です。

Posted by S&S