端午の節句の定番!柏餅とちまきを徹底比較!太りやすいのはどっち?

端午の節句の定番!柏餅とちまきを徹底比較!太りやすいのはどっち?

5月5日は端午の節句、いわゆる子どもの日ですね。端午の節句に食べる和菓子といえば、柏餅とちまきです。
どちらも葉っぱに包まれたお餅というイメージかもしれませんが、ダイエット中に選ぶなら柏餅とちまきならどちらが良いのでしょうか?

スイーツも賢く選べばダイエットの敵ではありません。
そこで、柏餅とちまきのカロリーや糖質量、太りにくさについてリサーチしてみました!
せっかくのお祝いの日なので、ダイエット中でも美味しい和菓子を楽しみましょう。

あんこが入っている柏餅。カロリー、糖質は高い?

柏餅は、お餅の中にあんこを包んで丸め、柏の葉に包んで蒸したお菓子です。
ほんのり葉っぱの香りがお餅に移ってとても美味しいですよね。
主な材料は上新粉という米粉とこしあんです。

柏餅のカロリーは100gあたり200kcalほどで、お店によって作り方や大きさ、材料の配合は違いますが概ね1個あたり80gほどなので170kcalです。
糖質は100gあたり45g、1個あたり36gです。
これはもちろん低いとは言えない量ですが、柏餅にはダイエットに良い成分も含まれています。

まずはあんこに含まれる食物繊維です。
あんこの原料は小豆と砂糖です。
小豆には便秘解消に役立つ食物繊維がたっぷりで、粒あんだけでなくこしあんでも摂ることが出来ます。
また、小豆にはポリフェノールも豊富に含まれているため、代謝を高めて痩せやすくしてくれます。

ちまきのカロリーは?あんこが無いからヘルシー?


ちまきは上新粉と砂糖を笹の葉で包んで蒸したシンプルな和菓子です。
100gあたりのカロリーは150kcalほどで、糖質は36gほどです。
1個あたり50g前後なので、平均で80kcal、糖質は20gほどになります。

カロリーと糖質だけで柏餅とちまきを比べると、一見ちまきのほうがダイエット向きに思えるかもしれません。
ただし、ちまきは上新粉と砂糖のみで出来ているため、食物繊維やポリフェノールといった栄養素が含まれていません。
食物繊維には血糖値の上昇を抑えてくれる効果もありますが、残念ながらちまきに含まれる食物繊維はほぼゼロです。
一概にカロリーと糖質の量だけで判断するのはNGですよ。

まとめ

柏餅もちまきもカロリーや糖質が多いのでダイエットにオススメというわけではありません。
ただ、生クリームやバター、小麦粉を使ったケーキやクッキーなどの洋菓子に比べて和菓子は太りにくいすいーつといえます。
さらに、柏餅なら食物繊維やポリフェノールが含まれているので適量なら太る心配は少ないと言えます。
我慢してストレスを溜めるのではなく、美味しく食べて端午の節句をお祝いしましょう。

Posted by S&S