菊芋で、簡単手軽に、血液サラサラに挑戦してみませんか?!

よく血液ドロドロはよくない、サラサラがいいと言いますが、本当に血液がドロドロしているわけではありません。
ただ、血液がドロドロしている状態は、血液中の糖質や脂質が多い場合のことを言うようです。
これは、動脈硬化の原因となります。
では、血液をサラサラにするにはどうすればよいのでしょうか。

食事で血液をサラサラに

食事でサラサラになるのなら、ぜひ実行したいですね。

青魚を食べる

イワシやサバ、サンマなどには、DHAやEPAが多く含まれています。
DHAには、血管の弾力性を高める(血管年齢を若返らせる)効果があります。
EPAには血栓をつくりにくくして血流をよくする効果があります。
青魚は、価格も安く、旬な時期は脂ものっていて、美味しく食べることができます。

納豆を食べる

納豆のネバネバの正体は、ナットウキナーゼという酵素です。
ナットウキナーゼは、血栓そのものを溶かす効果があります。
毎日納豆を食べることで、血液サラサラな状態を保つことが期待できます。

昆布やわかめなどの海藻を食べる

昆布やワカメなどのぬめりの正体は、アルギン酸です。アルギン酸はコレステロールの吸収をさまたげ、体外へ排出する働きがあります。食物繊維の形で摂ることができますので、みそ汁やサラダに入れて食べるようにしましょう。

お酢を摂る

お酢や梅干しなどに含まれるクエン酸は、疲労回復に効果があると言われていますが、血小板が必要以上に集まるのを防ぐ効用もあります。
この頃は、飲む酢というのもあるくらいですから、いろいろな形で酢を摂ることができるようになってきました。

緑茶を飲む

緑茶や赤ワインなどにふくまれているポリフェノールには、コレステロールの酸化を防ぐ働きがあります。
一時、赤ワインの効果がテレビでも話題になりましたが、飲みすぎるとポリフェノール効果よりもアルコールによる害の方が現れますので、注意が必要です。

菊芋で血液をサラサラに

食事だけで血液がサラサラになるのであれば、こんなうれしいことはないのですが、毎日毎日こういった食事をとることは難しいですよね。食事だけでストレスになってしまいそうです。
サプリメントで血液がサラサラになる方法はないのでしょうか。
サプリメントで有名なのは、青魚のDHA、EPAをカプセルにしたものです。
いろいろなメーカーから出ています。
これを摂るのもひとつですが、私は、菊芋を推薦します。

きっかけは、テレビの健康番組で、血糖値を下げさせるものとして、菊芋が紹介されていたことでした。
菊芋は、キク科の多年草です。「天然のインシュリン」といわれる「イヌリン」と、カリウムを豊富に含んでいることから、高血圧に効果があると言われています。
また、イヌリンは糖や脂肪を身体の外に排泄する働きもあり、過剰に取り込まれてしまった糖や脂肪が吸収されることなく、外に出してくれます。
問題は、菊芋を毎日食べることが大変なのです
テレビ番組では、菊芋の料理方法の紹介が出ていましたが、料理が面倒な私としては、とても採用できるものではありませんでした。

そこで、錠剤の物を探しました。ありましたありました。
これなら、毎日飲むことで、同様の効果が期待できますね。

ぜひ、お試しください。

Posted by S&S