そら豆は初夏だけの味!とっておきのそら豆の楽しみ方!

そら豆は初夏だけの味!とっておきのそら豆の楽しみ方!

農業の技術や輸出入の流通の活性化で、年中いろいろな物が食べられるようになりましたが、旬の時期にしか食べられない物もあります。
そんな食べ物の1つにそら豆があります。

そら豆は収穫してから3日くらいで鮮度が落ちてしまうので、生のまま輸入は出来ず、初夏の短い間しか楽しめない貴重な豆です。
そこで今回は、そら豆をより美味しく食べる方法についてご紹介します!旬の時期を逃さないようにしてくださいね!

丸焼きそら豆の美味しさの秘密は白い綿にあり!

https://www.instagram.com/p/BUENeGZh4Pb/

そら豆そのものの美味しさを余すことなく味わうには、外皮ごと丸焼きにするのが一番です。
丸ごとのそら豆をオーブントースターやグリルで皮に焦げ目がしっかりつくまで焼きます。
火傷をしないように2つに割ると、ホクホクの色鮮やかな豆が現れます!

ここで豆だけを食べるのはもったいないです!
外皮の内側にあるフカフカの白い綿に気づいたことはありますか?
この白い綿にはそら豆の乾燥を防いだり栄養を蓄えたり送り込んだりする役割があります。
白い綿ごとスプーンですくって食べると、トロットロの食感とそら豆の甘みや旨味が存分に味わえますよ!

そら豆はオリーブオイルと相性抜群!

油にはいろんな種類がありますが、そら豆に合う油といえばダントツでオリーブオイルです。
オリーブオイルで炒めれば、茹でた時とは違う香ばしい味わいが楽しめます。

オリーブオイル、塩のみでシンプルに食べるのも良いですし、パルメザンチーズやガーリック、胡椒や唐辛子などを加えればお酒に合うおつまみになります。
少しキツネ色になるくらいまで炒めると薄皮が剥けてくるので食べすやすくなりますよ。

色鮮やか!そら豆たっぷりのスペインオムレツ

https://www.instagram.com/p/BieBG_aF3fu/

スペインオムレツとは、トルティージャとも呼ばれる分厚い具だくさんのオムレツです。
基本のトルティージャにはジャガイモが入っているのですが、そら豆と卵の組み合わせも最高です。

材料は卵3個、茹でて剝いたそら豆80グラム、茹でて2センチに切ったアスパラ50グラム、オリーブオイル、塩適量です。
フライパンでそら豆とアスパラをオリーブオイルと塩で炒めたら溶いた卵を流し入れます。
フライパンに蓋をして弱火でじっくり火を通せば完成です。
黄色と緑の鮮やかなトルティージャは初夏の爽やかなイメージにピッタリですよ!

まとめ

生のそら豆が手に入るのは4月から6月ごろの初夏のみです。
スーパーや道の駅などで見かけたらチャンスを逃さないように購入し、早めに調理して新鮮なうちに食べましょう!

Posted by S&S