発酵食品の効果は絶大!ヨーグルトや納豆は善玉菌を増やす働き大

発酵食品というと、皆さんは何を想像しますか?
チーズ、ヨーグルト、納豆などを思い浮かべることでしょう。
中でも日本の伝統的な発酵食品は注目されています。

ヨーグルトの効果

ヨーグルトといえば、ビフィズス菌。これは、乳酸菌の一種です。
乳酸菌は、腸内で大腸菌など悪玉菌の繁殖を抑え、腸内菌のバランスをとる役割を果たしています。
近年、この乳酸菌は、コレステロールの低下や免疫力を高めてがんを予防するなど、さまざまな働きをすることが分かってきました。
ヨーグルトに含まれるオリゴ糖・乳糖は腸内の善玉菌を増やす作用もあります。
ヨーグルトを選ぶときには、砂糖が入っているものはできるだけ避けるようにすると、よりよいですね。

納豆の効果

大豆はもともと栄養に富んだ食品ですが、発酵して納豆になることでビタミンB2の量が増えます。
また発酵で生まれたナットウキナーゼという酵素は血栓を溶かす働きがあります。納豆は消化が良く、また腸内で善玉菌を増やす作用もあります。
臭いが好きじゃないという人もいますが、この頃は、納豆特有の臭いを抑えた納豆も販売されています。
酢飯に混ぜて食べると納豆の臭いが抑えられますよ。

チーズの効果

チーズには、腸内のビフィズス菌を増やす因子が含まれていることが最近の研究で明らかになっています。
チーズは腸に乳酸菌を生きたまま届ける食品のひとつです。
また、チーズに含まれるカルシウムは体内に吸収されやすいと言われています。つまり少量でたくさんのカルシウムを摂ることができるということです。
女性にとって、カルシウムは、重要な要素。年齢を重ねるごとに骨がもろくなることを防ぐ効果があります。

漬物、キムチ、ピクルスの効果

日本では、昔から野菜をたくさん食べる方法を考え漬物を発明しました。
漬物は、野菜を発行させて作った食べ物です。
野菜に含まれる食物繊維は、乳酸菌などのエサになって増殖を助ける働きがあります。
食物繊維が多く含まれるこんにゃく、ごぼう、いもなどと、漬物を同時にとることで、腸内環境を整えやすくなり、ダイエット効果、美肌効果が期待できると言われています。

味噌の効果

味噌はなぜ褐色なのでしょうか。これにはメラノイジンという物質と関係があるとわかりました。
このメラノイジンは、腸内の乳酸菌がを10倍も増やす効果があることがわかりました。
乳酸菌の働きが活発になれば、便の排泄がスムーズになり、腸がきれいになります。
腸がきれいになれば、ダイエット効果、美肌効果、アンチエイジングなども期待できます。

まとめ

発酵食品は、それぞれの土地の気候風土から生まれ、受け継がれてきたものです。
発酵食品には、生きた菌がたくさん含まれています。
人間の腸内には約100兆個の菌が住んでいると言われていますが、加齢とともに善玉菌が少なくなり、悪玉菌が増えていきます。発酵食品に含まれる菌は悪玉菌と戦い、善玉菌を増やす働きをするので、積極的に摂りましょう。

Posted by S&S