7月7日には七夕そうめんでさっぱりと!素敵な盛り付け例も紹介します!

7月7日には七夕そうめんでさっぱりと!素敵な盛り付け例も紹介します!

江戸時代のころには五節句の一つにも数えられ、別名では「星祭」や「笹の節句」とも言われている七夕。
天の川を挟んだ織姫と彦星の物語などでもよく知られていますが、意外と話題に上らないのが七夕の行事食です。
子どもの日の柏餅やちまきなどを始めとして、各節句にはある程度決まった行事食が良く食べられていますよね。
では、皆さんは7月7日の七夕に何を食べていますか?

七夕の行事食ってなに?

実はそうめんこそが七夕の行事食なんです。
しかも、風習としては千年も前から行われていますが、意外と知らない方も多いのではないでしょうか?

元々は、古代中国の唐から日本の奈良時代に伝わってきたの「索餅(さくべい)」という小麦粉のお菓子が食べられていたそうです。
「索餅」は砂糖のかかっていない、硬く揚げたツイストドーナッツのような感じの見た目をしています。

中国では「7月7日に亡くなった幼い皇子の祟りが原因で熱病が流行したため、その皇子の好物をお供えして祀ることで病気を鎮めた」という伝説がありました。
この皇子が好きだったとされるお菓子が「索餅」です。
そこで「7月7日に「索餅」を食べることで1年間の無病息災を祈る」という習慣が生まれたとされています。

日本でも伝えられた当時は「索餅」を食べていたそうですが、一般へ広がっていくにつれて次第に「索餅」が「そうめん」へと変化していったとされています。
形状があまりにも違いますが、そうめんの作り方などを見ると、どことなく面影を残していると言えなくもありません。

また、そうめんを乾燥させるために欠かせない、干し作業を見たことがあるでしょうか。
この作業風景が、織姫の職業でもある機織り作業の糸とよく似ていることも、風習として残っている理由とされています。

七夕に天気が悪い日が多いのは、今とは暦が違っていたせい?

七夕の夜に降る雨は、川を渡れなかった夫婦の流す涙だと言われることもありますが、この話を不思議に思ったことはありませんか?
7月7日と言えば、日本では梅雨の真っただ中。伝説の大元である中国でも、この時期は梅雨状態の地域が多いですよね。
これでは会えるのは年に一度どころの話ではありません。

そもそもこういった風習が根付いた時代は、新暦よりも1ヶ月程ずれた旧暦を使用していました。
つまり、旧暦の7月7日は、今の暦に直すと8月の半ばごろにあたります。夏真っ盛りの、とても暑い季節。
もちろん、夜空も晴れ渡り天の川が綺麗に見えることが多い時期です。

また、当時はエアコンなどなかった時代。
蒸し暑い地域が多く、食欲も落ちる時期に油で揚げたお菓子を食べるよりも、スルスルっと食べられる麺類が選ばれたのも納得できますね。

ちなみに、そうめんには色付きのものがありますが、これも元々の由来は陰陽五行説に基づいて「赤・青・白・黄・黒」で色付けされたのが始まりだそうですよ。

盛り付け次第でそうめんがグッと華やかに!

最後に、七夕向けの素敵なそうめんの盛り付け方を、いくつかご紹介します。
天の川の伝説に思いをはせながら、皆でワイワイ食べるのも楽しそう。
ぜひ試してみてくださいね。

川の流れを意識したシンプルな盛り付けも良いですね。

華やかでかわいい!色とりどりの星型が子どもたちにも喜ばれます。

一人分ずつを鮮やかに盛り付けるのも素敵です。

Posted by S&S