夏バテにならないために!積極的に食べたいおすすめの食材5選!

夏バテにならないために!積極的に食べたいおすすめの食材5選!

暑い夏は食欲をなくしがち。
しかし、暑くてだるいからと言って素麺やうどんなど冷たい料理ばかり食べていると夏バテになってしまいます。

この記事では、夏バテを避けるために食べたい5つの食材をご紹介します。
暑さがつらくなってしまう前に、積極的に摂取してくださいね。

1.豚肉

たんぱく質は身体のエネルギーを補充するのに必要不可欠。
不足すると疲れやすくなってしまいます。

さらに豚肉はビタミンB1やビタミンB2が豊富です。
これらのビタミンは炭水化物をエネルギーに変換するために大切な栄養素です。
豚肉を食べれば、夏の暑さで失われた体力を回復することができますよ。

ちなみに、ビタミンB1は外気温が高いほど体内で消費される量が多い栄養素です。
暑い夏こそ積極的に摂取したいですね。

2.梅干し

梅干をイメージするだけで、口の中に唾液が広がりますよね。
酸っぱい梅干しには食欲増進効果があるので、夏によくある「なんとなく食べたくないな」というくらい気持ちを吹き飛ばしてくれます。

また、すっぱい梅干しは「クエン酸」が豊富。
クエン酸も炭水化物をエネルギーに変える効果があるため、エネルギーの不足を予防してくれます。

いつものご飯に梅干しをプラスするだけで、食欲が出てくるかもしれません。

3.柑橘類

梅干しが苦手な人や子供には、オレンジなどの柑橘類もおすすめです。
柑橘類にもクエン酸が多く含まれており、疲労回復効果が期待できます。

フルーツなので、食事時以外にもおやつの代わりに摂取できるのが良いですね。

柑橘類にはビタミンCも豊富に含まれているため、日焼けが気になる女性にもおすすめの食材です。

4.オクラ

オクラのねばねばには、整腸作用があります。
夏場の身体は冷たいお茶やジュース、アイスクリーム、クーラーなどで冷えています。
身体が冷えて悪くなってしまった消化器官の働きを助けてくれる効果がありますよ。

他にも納豆や長芋、なめこのねばねばにも同様の効果があります。
食欲がない時は「ねばねば丼」を作って一気に食べるのもおすすめです。

5.トマト

トマトは、栄養豊富な野菜で夏バテ以外にもさまざまな健康効果があるため、日常的に食べている人も多いのではないでしょうか。
ビタミンCやクエン酸はもちろん、美肌効果の期待できるリコピンが豊富に含まれていることから女性に人気の食材です。

トマトが、特に夏におすすめな理由は「カリウム」です。
カリウムには利尿作用があり、体内の余分な水分を尿として排出しやすくしてくれます。
水分が外に出るときに体内の熱も放出してくれるため、夏のだるさを軽減する効果があります。

Posted by S&S