マンネリしがち、余りがちな素麺。アレンジ次第で美味しく変身!

マンネリしがち、余りがちな素麺。アレンジ次第で美味しく変身!

暑い日が続いていますが、食欲は落ちていませんか?
ついつい簡単に済ませてあっさりしているものばかり食べていると夏バテしてしまう可能性があります。
そこで今回は、夏の食べ物の定番である素麺のアレンジレシピを紹介します。
シンプルに麺つゆで食べるだけだと栄養が偏ってしまうので、たんぱく質やビタミンも摂れるレシピばかりを集めました!
マンネリしがちな素麺を、美味しく健康的に楽しみましょう!

女性に優しい大豆イソフラボンが摂れる!豆乳つゆ素麺


茹でた大豆をつぶして漉した豆乳には、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンという成分が含まれています。
イソフラボンには美肌効果やPMSの症状を緩和する効果、コレステロール値を下げる効果などが期待できます。
また、豆乳にはたっぷりの大豆タンパクが含まれているため、血液や筋肉の元になってくれます。
また、たんぱく質を一緒に摂ることで炭水化物による血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果もありますよ。

豆乳つゆの作り方は以下の通りです。
材料:無調整豆乳(150cc)
3倍濃縮めんつゆ(50cc)※ストレートなら150cc
その他、お好みのトッピングとして、ネギ、ゴマ、ラー油など

リコピンで美肌と健康を!トマトつゆ素麺

健康効果が高く、よくテレビの健康番組でも取り上げられているトマトですが、生で食べるよりも加熱したりジュースやスープにして食べるほうが吸収率が高まります。
トマトにはリコピンという成分が含まれていて、血液サラサラ効果、美肌効果が期待できます。
また、トマトには旨味成分であるグルタミン酸が豊富に含まれているため、塩分を少なくしても物足りなさを感じません。
高血圧が気になる人や、塩分によるむくみが気になる人におすすめです。

トマトつゆの作り方はこちらです。
材料:トマトジュース(200cc)
3倍濃縮めんつゆ(30cc)※ストレートなら90cc
お好みで牛乳を少し加えるとマイルドになります。

カプサイシンと乳酸菌でダイエット!韓国風素麺

暑い時こそ辛い物を食べて汗を流したい!という人におすすめなのが、キムチやコチジャンを使った韓国風の素麺です。
キムチには唐辛子に含まれるカプサイシンと、発酵による乳酸菌が豊富に含まれています。
そのため脂肪燃焼効果やおなかスッキリ効果が期待できます。
また、トッピングの松の実には不足しがちなミネラル成分がバランスよく含まれていて、汗として流れて失われがちなミネラルを補給することができます。

韓国風素麺の作り方は簡単です。
材料:コチジャン(大さじ1)
ゴマ油(大さじ1)
酢(大さじ1)
砂糖(小さじ3分の1)
顆粒鶏がらスープの素(小さじ3分の1)
お好みでキムチ、韓国のり、キュウリなどをトッピング

まとめ

いかがでしたか?夏の食べ物としてテッパンの素麺ですが、毎回同じめんつゆではなくアレンジすることで味も栄養もアップしますね!
お中元などでいただくことも多い素麺なので、アレンジレシピの幅が広がれば余らせてしまうことも防げます。
ぜひチャレンジして、夏バテ知らずの元気な夏を過ごしましょう!

Posted by S&S