知っていますか?精進料理という、お盆の伝統的な食文化

知っていますか?精進料理という、お盆の伝統的な食文化

お盆休み期間中はたいていの会社がお休みになり、家族や親戚がそろって食卓を囲む機会が多くなります。
せっかくなので豪華な食事を楽しみたいと思うかもしれませんが、お盆の食事には何か決まりがあるのでしょうか?
クリスマスやお正月のような定番料理があるのかどうかなど、今さらですが調べてみました!

お盆にお肉は食べちゃダメ?精進料理が本来の作法!

お盆期間中は殺生してはいけないといわれており、肉や魚などは食べず、精進料理のような粗食を食べるのが本来の作法です。
米、野菜、豆、海藻、果物などを使った料理を仏様にお供えし、同じものを私たちもいただくのです。
また、お盆のお菓子の定番であるおはぎにもきちんとした由来があります。
あんこに使われる小豆には魔除けの力があると信じられており、ご先祖様に悪いことが降りかからないようにという願いが込められています。
そしてもち米には五穀豊穣の意味があり、先祖代々続いてきた家系がこれからも繁栄していくように願いが込められています。
お盆休みの食事は生き物の命を大切するためにも肉と魚を避け、植物の恵みに感謝するために精進料理を食べるのが理想です。
精進料理と聞くと難しそうな気がしますが、野菜のおひたしや切り干し大根、高野豆腐などの煮物や、地域によっては赤飯を炊くところもあるようです。
汁物を作るときはカツオ節や煮干しは使わずに昆布を使いましょう。

お盆休み中もがっつりしたものが食べたい!そんな時は大豆ミートがおすすめ!

肉と魚は禁忌とされているお盆の食事ですが、1週間ほどあるお盆期間にずっと粗食なのは辛いですよね?
そこでおススメしたいのが大豆を使った疑似肉です。
原料は大豆100%でとってもヘルシーなのですが、食感がお肉そのものだと口コミで人気が広がっています。
形状も様々で、ブロック状になった物やミンチ状になった物など、作りたい料理に合わせて選ぶことができます。

ブロック状の大豆ミートでおすすめの料理は唐揚げや酢豚です。
揚げることでボリュームも出ますし、本物の肉よりも味が浸み込みやすくて美味しいという声もありますよ。
噛み応えも本物のお肉そっくりで、黙って食卓にだせば大豆だとは分からないほどです。

ミンチ状の大豆ミートなら、麻婆豆腐やそぼろ丼がおススメです。あらびきミンチ風の大きめの大豆ミートならしっかりとお肉の満足感を得られます。
こちらも麻婆のとろみ餡やそぼろの甘辛い味がよく浸み込んで、ご飯がすすみますよ!

まとめ

お盆休みの食事は肉や魚は食べないのが正しい作法です。
とはいえ現代ではそのような風習を気にせずに何でも食べている人が多いですね。
でも、昔からの伝統的な風習や、生き物や植物、ご先祖様への感謝の気持ちを表すために粗食を心がけてみてはいかがでしょうか?
その際はぜひ、ヘルシーで美味しい大豆ミートを活用してみてくださいね!

Posted by S&S