世界が注目!緑茶を美味しく飲んで、健康パワーを取り入れよう

ちょっとした休憩や喉を潤すドリンク類はコーヒーや紅茶、ジュースなど様々な物がありますが、世界からも注目されているヘルシードリンクが緑茶です。一昔前までは緑茶と言えば急須で淹れるイメージがありましたが、最近ではペットボトルで手軽に飲む事が出来ます。

今回はそんな身近な緑茶の健康パワーについて詳しくご紹介したいと思います。日本の伝統である緑茶の素晴らしさを見直し、健康に役立てましょう!

緑茶に含まれる健康成分とその効果

まずは緑茶にはどのような成分が含まれているのか、またどんなメリットがあるのかを解説します。

カテキン

緑茶の代表的な健康成分と言えばカテキンです。カテキンはポリフェノールの一種で、独特の苦味の元となる成分です。
ウーロン茶や紅茶にも含まれていますが、配合量が一番多いのが緑茶です。
さらに緑茶の中でも煎茶に多く含まれています。

カテキンは抗酸化作用が高いため、風邪予防やガン予防、老化予防に効果が期待できます。
その他にも抗菌作用、消臭効果があるので、口臭や虫歯対策にもピッタリです。
さらに、最近の研究では血糖値の上昇を抑えたり脂肪の燃焼を促進する効果がある事が発見されたため、カテキンの含有量を高めたトクホ飲料なども販売されています。

テアニン

テアニンはアミノ酸の一種で、緑茶の甘味や旨味の元となる成分です。テアニンは玉露や抹茶に多く含まれています。
テアニンには神経の興奮を抑えてリラックスさせてくれる効果があります。
これは幸せホルモンと言われるドーパミンやセロトニンを増やす作用があるためです。
そのためイライラを抑える、睡眠の質を高める、集中力を高めるなどの効果が期待できます。緑茶を飲むとホッとする、という経験がある方も多いかと思いますが、これはきちんとした根拠があるのですね!

ビタミンC

ビタミンCというと野菜や果物に多く含まれるイメージがあるかもしれませんが、実は効率よくビタミンCを摂取するには緑茶が最適です。
ビタミンCは水に溶けやすいため、野菜を茹でたりすると流れ出てしまいます。
その点緑茶ならビタミンCが流れ出たお湯その物を飲むため、栄養を余すことなく摂取する事が出来ます。
なんと、たった4杯程度の緑茶を飲むだけで、1日に必要なビタミンCの半分を摂ることが出来るんですよ!
ビタミンCのメリットは抗酸化作用が高いことです。身体のサビを防いでくれるため、美白や抗ウイルス、アンチエイジングなどの効果が期待できます。

緑茶の効果的な飲み方のポイントは?

ここからは、茶葉から緑茶を作る時のポイントについてご紹介します。
「緑茶を美味しく飲むには60℃くらいのぬるめのお湯で」と覚えている方もいるかもしれません。しかしそれは玉露などの高級茶の場合です。

日常的に飲む煎茶なら沸騰したての熱いお湯で淹れるのがオススメです。
なぜなら高温のお湯でお茶を淹れると、カテキンの量もビタミンCの量も格段にアップするからです。
せっかくの健康成分を効率よく摂り入れたいなら、煎茶を熱湯で淹れて飲むのがベストですよ!

まとめ

私は緑茶が大好きで、仕事のある日はペットボトル、休日は急須で淹れたお茶を毎日4杯から5杯くらい飲んでいます。そのおかげか風邪をひいたり肌が荒れたりする事も滅多にありません。もちろんそんな効果があるとは知らず、ただ美味しいから飲んでいたのですが、生活習慣病予防にまで効くとなるともっともっと緑茶を飲みたくなってきました!あなたも是非、緑茶を飲む機会を増やして健康を目指しませんか?

Posted by S&S