涼しくなってきた今こそ秋バテに要注意!3つのセルフケアで乗り切れ

秋バテという言葉を知ってますか?
涼しくなってきた今、夏の疲れ、冷えから秋バテの症状が出ている人が増えています。
自分でできるセルフケアを3つ紹介しています。

夏バテは有名ですが、涼しくなってきたこの時期にこそ、秋バテにも要注意なのです。
夏の暑さで弱くなった身体に、秋の訪れを感じ始めた頃に「なんとなく」の不調として症状が出てきます

今の時期、こんな症状は出ていませんか?
◆体がなんとなくだるい・すぐに疲れる
◆肩こりや頭痛がある
◆朝スッキリ起きられない
◆なかなか眠れない
◆食欲がない、胸やけ・胃もたれ
◆めまい・立ちくらみ

秋バテの原因の一つは冷え。

夏に溜まった疲れや気温の寒暖差、季節の変わり目はどうしても体調を崩しやすいもの。
自律神経の乱れから、体調不調を訴える人が増える時期になります。
そしてそれに加え、夏の間の体の内部からの冷えなどが秋バテの原因の一つとも言われています。
体の冷えには、冷たいものの摂りすぎからくる「内臓冷えタイプ」(内冷え)と冷房の効いた室内と外気温との温度差のために疲れやだるさがでる「冷房冷えタイプ」(外冷え)があります。

秋バテの予防・解消は何から始めたらいいの?

温かい物を摂りましょう!

時折、外はまだ暑い日がありますね。それでも身体の内部は実は冷えていることがあるのです。
特に女性は要注意。飲み物を、常温や温かい飲み物に変えていきましょう。
朝起きがけの1杯の白湯を飲むことを習慣づけるのもいいですよ
寝ている間は、知らないうちに身体が冷えてしまっているのです。
白湯で、身体を温めてから、1日のスタートをするといいですね。
身体温まります。
そして、旬の食材を使った食事にすると身体が喜びます
旬の野菜には、その時期に必要な栄養がたっぷり含まれています。
秋の旬の野菜といえば、人参やさつまいも、里芋、大根などの根菜類、しいたけ、しめじなどのきのこ類など。
それを同時に一緒に食べられるのが、日本のソウルフード「味噌汁」。
特に具のたくさん入った温かい豚汁などはいかがですか
根菜類がたっぷり摂れるし、きのこ類が入れると旨味が増えて美味しくなりますね。
私は1日1杯の味噌汁で秋バテ予防しています。

湯船にゆっくりつかりましょう!

暑い日差しに照らされていると、シャワーで済ませてもいいかと思いがちですが、身体の内部の冷えはシャワーでは解消できないのです。
39℃ぐらいのぬるめのお湯にゆっくりと入って、疲れと内部の冷えを解消しましょう。
お風呂に炭酸入りのバスボムや、アロマオイルなど入れると、バスタイムがちょっと楽しくなります。

プチ運動や、ストレッチをしましょう!

マッサージやストレッチで体のコリをほぐすと効果的です。
だるさを感じて、動くのも嫌だという気持ちになりそうですが、1日に20~30分程度の軽い有酸素運動を取り入れることで、秋バテの予防や解消につながります。
運動が苦手な人は、ウォーキングや、寝る前の軽いストレッチから始めるといいかもしれませんね。

夏の暑さから解放された今こそ、体調不良に気をつけるとき。
しっかりと予防をして、快適な1日を過ごしましょう。

Posted by S&S