気になる肌荒れやニキビ…。寝具の汚れを改善すれば解決しますよ!

なかなか治らないニキビや肌荒れ、目立ってしまった毛穴など肌トラブルに悩んでいませんか?
高価な化粧品やエステを試す前に、見直してほしいものが「寝具」です

実は、寝具の汚れが肌トラブルの原因となっているケースがあるのです。

この記事では手軽に寝具を清潔に保つための3つのポイントをご紹介します。
簡単にできるものから取り入れて、肌トラブルのない美肌を目指しましょう。

不潔な寝具に潜む肌トラブルの原因は?


シーツの交換や乾燥など、どれくらいの頻度で寝具のお手入れをしていますか?

毎日肌に触れている枕や布団には、寝ている間に分泌された皮脂や汗、空気中のほこりなどがびっしり付着しています。
寝具についた雑菌や汚れはダニの餌になり、いつのまにか寝具はダニのフンや死骸だらけになっている危険性も。

そのダニのフンや死骸、雑菌等が肌に触れることで、肌トラブルやアレルギーの原因となっているのです。

どんなに化粧品や生活習慣を見直しても、汚いダニや雑菌と毎日触れあっていたら肌トラブルが改善しないのも納得ですよね。

ポイント1.寝具のカバーは週に1度交換する


肌に直接触れる枕カバーや布団カバーは週に1度は交換・洗濯しましょう。
可能なら毎日交換するのがベストです。

寝具カバーを複数枚準備しておけば、洗濯自体は月に1度でもOK。
毎週違うデザインのベッドで眠るのは、楽しみも増えそうですね。

洗濯が面倒ならフェイスタオルがオススメ

寝具の中でも、特に枕カバーは頭皮の汚れやフケが付着するため頻繁に交換したい部分です。

とはいえ、毎日カバーを外して交換するのは面倒ですよね。
そんなときは、フェイスタオルを活用しましょう。

枕カバーの上からフェイスタオルを巻いて交換すれば、毎日清潔な状態で枕を使用できます。

フェイスタオルの代わりに柔らかい質感のガーゼを使用する人もいます。

ポイント2.就寝時以外にベッドを使わない


ベッドを椅子やソファ代わりに使用している人は要注意です。
睡眠時だけでも様々な汚れが付着している寝具ですが、外出着や入浴前の身体でベッドに入ることでますます汚れが付いてしまいます。

帰宅してから就寝までに時間がある場合は、パジャマとは別に部屋着を取り入れてみいるなど、寝具を汚さない工夫も取り入れていきたいですね。

ポイント3.布団乾燥機を活用する


すでに寝具についてしまったホコリやダニを取るためには、布団乾燥機や掃除機を活用します。

一般的に、ダニは50度以上の高温で死滅します。
高温で布団を乾燥させる布団乾燥機を使えば、布団をカビから守ってくれるだけではなくダニも退治してくれます。

布団乾燥機を使用した後は、掃除機を使ってダニの死骸やフンを吸い取りましょう。

美肌は清潔なベッドから


肌トラブルが起きるとまずはスキンケア周りを見直しがちです。
しかし原因は意外に身近なところに隠れているかもしれません。

まずは、毎日使う寝具を清潔に保つところから始めてみてください。

ベッドが綺麗になれば、睡眠の質も向上します。
快適な睡眠は自律神経を整え、さらに美肌に導いてくれますよ。

Posted by S&S