新蕎麦の季節です!ビタミン豊富、ダイエットにもいい蕎麦の旬とは

新蕎麦の季節がやって来ましたね!みなさんはもう食べられましたか?
冷凍麺や乾麺などで、家でも1年中好きなときに、お蕎麦は食べられます。
それでも、この時期になると、新蕎麦はやっぱり食べておきたいもの。
今回はそんなお蕎麦について、少しだけ解説しますね。

夏新と秋新ってなに?お蕎麦の旬!


蕎麦の花

新蕎麦には、夏新と呼ばれるものもあります。
夏新は6~8月に収穫された夏蕎麦のこと。
地域や品種にもよりますが、秋蕎麦に比べると、やや淡白なものが多いです。

秋新は、9~11月に収穫された秋蕎麦を指します。
全般的に、夏蕎麦よりも風味が豊かで、香りも高いのが特徴。
基本的に新蕎麦といえば、こちらのことです。

10月の下旬ごろから、あちらこちらで新蕎麦祭りが開かれ始めます。
11月ともなれば、多くの産地で新蕎麦が出そろう頃。
お蕎麦屋さんの店頭に、のぼりが立ち並ぶのに気づいた人も多いのでは?

お蕎麦はダイエットにもいいんです!

お蕎麦がダイエットにいい、といわれる理由はこちらです。

・ご飯などに比べてカロリーが低い
・ほかの主食と比べると、GI値が低いので血糖値が上がりにくい
・食物繊維が豊富に含まれているので、お腹もスッキリしやすい
・ビタミンB群やタンパク質が豊富に含まれているので、体の代謝が上がりやすい
・ルチンは毛細血管を強くしたり、血流をよくする効果が期待できる

中でもルチンは、穀物類の中でお蕎麦だけが持っている栄養素です。
また、ビタミンB群に含まれるコリンは、肝臓の働きを助けるので二日酔いなどにも効果があるといわれています。

おすすめなのは、10割蕎麦など蕎麦粉の含有量が多いもの。
スーパーなどで買うときは、原材料名をチェックしましょう。
原材料名の欄は、先に名前が書かれているもののほうが多く含まれています。

蕎麦湯にも栄養たっぷり!

お蕎麦屋さんで冷たいお蕎麦を頼むと、必ずといっていいほど出てくる蕎麦湯。
お蕎麦に含まれる水溶性の栄養素は、ゆでる際に3~4割ほど流れ出るともいわれています。
つまり、蕎麦湯を飲めば流れ出てしまった栄養素を、多少なりとも取り戻せるということ。
また、お店によってはわざわざ蕎麦粉を足してくれるところもあるので、積極的に利用しましょう!

蕎麦アレルギーには注意して!

お蕎麦には栄養もたっぷりですが、注意しなければいけないのが、アレルギーです。
とくにお蕎麦は、アレルギーの中でもショックを起こしやすく、1度発症すると治りにくいといわれています。
わずかな量でも、重症化する可能性が高いので、少しでも変わった症状が出たら必ずお医者さんに相談するようにして下さいね。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

そばっ食いさん(@sobatkui)がシェアした投稿

昔は夏に食べるお蕎麦は、今ひとつだと酷評されることも多くありました。
近年は保存技術が発達したおかげで、1年中美味しいお蕎麦を食べられるようになっています。
それでも、やっぱり新蕎麦は格別の美味しさ!ぜひ、この時期に味わってみてはいかが?

Posted by S&S