疲れた胃腸には七草がゆ!あっさり食べて元気を取り戻そう

1月7日には七草がゆを食べる人が増えていますね。
日本のお正月料理といえば、おせち料理が代表的ですが、3が日を過ぎたあたりで飽きてきて、ラーメンやカレーなどを欲しがる人も多いそうです。
ただ、年末年始で弱った胃腸のままだと、あとで結構もたれることも。
そんななか最近では、昔から食べられている七草がゆが見直されてきています。
そもそも七草がゆとは、どんなものなのでしょうか。

七草がゆの由来とは?

七草がゆを食べる風習というのは、日本と中国の習慣が合体したものだといわれています。
日本には昔から「若菜摘み」といって、雪の間から芽吹いた若菜を摘んで食べる風習がありました。
この時点ではおかゆ自体は別の風習で、15日に「米、あわ、ひえ、きび、ごま、小豆、みの米」の7種の穀物で作る七種がゆとして存在しています。
そこに中国から1月7日に人の運勢を占い汁物を食べる「七種菜羹」が伝わってきて、次第にひとつの風習になっていったそうです。
もとは無病息災を祈願する風習でしたが、江戸時代になると、幕府が五節句のひとつ「人日の節句」として定めました。
明治以降は公式行事ではなくなりましたが、現在でも民間の風習として残っているようですね。

七草がゆの七草とは?

長い間伝わっている風習なので、地域によって入れる野菜が違ったり、おかゆの代わりにお餅を入れたりするところもあります。
なかなかバリエーションが豊かではありますが、こちらが定番とされている「春の七草」です。

・セリ    競り勝つ。食欲を増進する。
・ナズナ   撫でて汚れを取り除く。別名ぺんぺん草。昔は一般的な食材だった。
・ゴギョウ  人形、仏体。別名母子草。咳や痰に効くとされる。
・ハコベラ  繁栄がはびこる。腹痛、歯槽膿漏によいとも。
・ホトケノザ 仏の安座。食用に出来るのはキク科のコオニタビラコの方。花が黄色い。
・スズナ   神を呼ぶ鈴。蕪のこと。葉にはβ-カロテンが豊富。
・スズシロ  けがれなき清白。大根のこと。消化を助ける。

七草がゆのおすすめレシピ

日本のお正月では、1月7日が松の内の最終日に重なる地域が多くあります。
ちょうどお正月のごちそうに疲れた頃ですから、胃腸の回復と栄養補給にもぴったりです。
七草がゆの作り方がわかりやすい動画を見つけたので、ご紹介しますね。

下ごしらえからしっかりと作っています。
生米からおかゆを作る本格派です。
(youtube)
https://www.youtube.com/watch?v=l2a-22jrBno

こちらは卵でとじる、レンジを使うなど少しアレンジされています。
お子さんといっしょに作るときの参考にもなりますよ。
(youtube)
https://www.youtube.com/watch?v=Pv6bzlSSqBY

まとめ

今となってはあまり一般的とは言えない材料もあるので、個別に揃えようとすると大変かもしれません。
日本のスーパーだと、七草がゆ用の野菜パックを売っているお店もあるようです。
もとをただせば具材は限定されていなかったものですし、おかゆは雑穀がゆでした。
地域によっても様々ですから、冷蔵庫にあるものでさっと作ってしまってもいいかもしれませんね。

Posted by S&S