そわそわドキドキのバレンタインデー!チョコレートを渡す意味は?


男子も女子も、なんだかそわそわドキドキしてしまうのがバレンタインデー!
女子のほうから年に一度だけ、好きな男子に勇気を出してチョコレートを渡し、「つきあってください!」と告白することが許される日。
…だったのは随分昔のことになってしまいました。

今や「義理チョコ」ならぬ「友チョコ」や、お世話になった方に贈る「世話チョコ」、果ては自分のために買う「自己チョコ」まである始末!
なんだかロマンチックからほど遠くなってしまったバレンタインデーですが、贈るものの中心が、「チョコレート」であるのは今も昔も変わらないようです。
ではどうしてバレンタインデーの主役はチョコレートなのでしょうか?

そもそもバレンタインデーの起源って?

 

この投稿をInstagramで見る

 

LUCANOR STORE(@lucanorstore)がシェアした投稿


諸説あるバレンタインデーの起源ですが、「バレンタインという名前の司教が処刑された日」という節が有名。
戦争意欲がなくなることを案じて、若者同士の結婚が禁じられていた時代に、バレンタイン司祭はこっそりと、そんな若者たちのために結婚式を行ってあげていたそうです。
それがローマ皇帝の耳に入り、迫害され、処刑されたのが2月14日だったというのが有力な説です。

どうしてチョコレートを贈るようになったの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

よーこ(@yokoyoko1106)がシェアした投稿


実は「バレンタイデー=チョコレート」なのは、世界広しといえども日本だけ!だって知っていましたか?
1970年代に、製菓会社がこぞって「バレンタインデーにはチョコレートを贈ろう!」というメッセージ広告を打ち出したのです。
それが徐々に受け入れられるようになり、恋する男女の一大イベントの日として定着しました。
まんまと製菓会社の策略に乗せられたわけですが、甘い甘~いチョコレートを、恋してとろける気持ちと結びつけ、これだけ日本人の心をつかんだのは、なんともお見事としか言いようがありません。

バレンタインデーのお返しにもらうお菓子の意味は?


バレンタインデーにチョコレートを贈ったら、翌月3月14日のホワイトデーに、男子からお返しをもらって、それが返事になるのがお約束。お返しにもらうお菓子には、どんな意味があるのでしょうか?

1)クッキー
「友達でいようね」という意味。振られちゃったのかな…とちょっとがっかりしますが、「うんうん、まずは友達からスタートだよね!」と前向きに考えちゃいましょう!
2)キャンディー
「相手のことが好き」という意味。これは告白大成功!と舞い上がってよさそう。
一緒にキャンディーの包みを開いて、甘~いひとときが過ごせそうです。
3)マカロン
「特別な人」という意味。「え、それって好きって意味だよね?」とちょっと疑問がわいてしまいそう。
はっきり答えを聞いてしまってもいいかも!

他にもいろいろな意味をもつお菓子があるようですが、正直男子は意味まで考えていないことが多いような気がします。
何をお返しにもらっても、「わあ!うれしい!」と全身で喜びを表現すれば、きっと男子の心もぐっと掴めるはずですね!

まとめ


年にたった一度だけ、奥ゆかしい女子から告白できる日であった、聖なるバレンタインデーは、今や遠い昔となった気がします。
それでもバレンタインデーが近づくと、女子も男子もそわそわするのは、今も昔と変わりません。

果たして皆さんは、どんな方に贈り、どんな方から貰えるのでしょうか。
それが、新しい出会い、もっと親密な関係に進展するきっかけになると、うれしいですね。

Posted by S&S