バレンタインにピッタリ!チョコフォンデュパーティーはいかが?

バレンタインと言えばチョコレートですが、単に買ったり作ったりしたチョコレートをあげるだけでなく、一緒に食べる楽しみもありますよね?

今回はとっておきのチョコレートの楽しみ方であるチョコレートフォンデュについてご紹介します。
様々な具材を用意すれば、カロリーの調整や味のバリエーションが広がり、楽しいひとときが過ごせますよ!
是非とも試してみてくださいね!

チョコレートフォンデュって何?

 

この投稿をInstagramで見る

 

wheeTV(ヨーロッパ1分動画)(@whee_tv)がシェアした投稿


チーズフォンデュはよく聞きますが、チョコレートフォンデュについてはあまり知らない人もいるかもしれません。
もしくは、ホテルのデザートビュッフェなどでしか楽しめないイメージを持っている人も多いかもしれませんね。
実は、特別な材料や調理器具がなくても簡単に楽しめるんですよ!

そもそもチョコレートフォンデュとは、温めたチョコレートに牛乳や生クリームなどを混ぜて溶かし、様々な具材を付けて楽しむスイーツです。
一番簡単に作る方法は、市販の板チョコを砕いてマグカップに入れ、牛乳を適量入れてレンジでチンする方法です。
本格的に作るなら、生クリームや洋酒を使ったり、専用のフォンデュ鍋で調理する方法もありますよ。まずは手軽な方法から楽しんでみてはいかがでしょうか?

オススメの具材は?ダイエット中もこれなら安心!

 

この投稿をInstagramで見る

 

RESTAURANT LOTTA(@restaurantlotta)がシェアした投稿

チョコレートフォンデュと聞くだけで、カロリーが高そうでダイエットや美容には不向きな感じがするかもしれませんが、具材の選び方やチョコレートをつける量でいくらでも調整できます。
最もおすすめの具材はフルーツです。イチゴやバナナ、キウイやリンゴなどの甘酸っぱいフルーツとチョコレートの相性は抜群です。
フルーツにはビタミンCや食物繊維が含まれていますし、カロリーも低いのでダイエット中でも適量なら安心です。
また、2番目におすすめなのがマシュマロです。
マシュマロにはコラーゲンがたっぷり含まれているので、お肌の張りや潤いに効果を発揮してくれますよ!

逆にたくさん食べないように注意してほしいのが、パンやクラッカー、クッキーなど、小麦粉から作られた具材です。
これらにはフルーツやマシュマロのような栄養素は含まれていないうえに、血糖値を上げたり中性脂肪を上げるリスクがあります。
もし食べたいのなら量を少なめにし、チョコレートをつける量も控えめにしましょう。
気になる人は、チョコレートを作る際に生クリームを入れず、低脂肪乳で作るというのも賢い選択です。

まとめ

いかがでしょうか?バレンタインの日は、既製品のチョコレートを買って食べるだけでなく、皆でテーブルを囲んでチョコレートフォンデュパーティーを楽しむのも良さそうですよね!
フルーツやマシュマロなら、単にチョコレートを食べるよりもヘルシーなのでオススメです!
作る楽しみと食べる楽しみを両方体験できるチョコレートフォンデュ、是非とも試してみてくださいね!

Posted by S&S