コンビニ食で痩せる!ダイエットにオススメの選び方


街を見渡せばどこにでもあるコンビニ。
忙しい現代人の味方ですが、コンビニで食事を済ませるのは何となく健康やダイエットに悪そうなイメージがあるかもしれません。

しかし、メニューの選び方に気をつければ、健康面でもダイエット面でも心強いパートナーになってくれます。
この記事では、コンビニに売られているオススメの朝、昼、夜の献立例を具体的にご紹介します。
是非とも参考にしてくださいね!

果物でエネルギーチャージ!朝食の選び方


カロリーや糖質を制限したいからと言って朝食抜きやコーヒーとパンのみ、というのは逆効果です。
栄養が不足すると身体が飢餓状態になり、燃費の悪い太りやすい体質になってしまいます。

朝食にピッタリのエネルギー源はバナナで補いましょう。
バナナに含まれる果糖はすぐにエネルギーに変わってくれるので、頭がシャキッとします。
食物繊維もたっぷりなので、お通じにも良いです。
タンパク源としてはゆで卵がヘルシーで最適です。
飲み物は野菜ジュースを選べば、ビタミンやミネラルたっぷりの朝ごはんが手軽に摂れますよ!

お弁当より単品の組み合わせでヘルシーなランチを!


ランチタイムにコンビニに行くと、美味しそうなお弁当がズラリと並んでいますよね?
でもお弁当には必ずと言っていいほど揚げ物やたっぷりの白ご飯が入っています。
そのため、ダイエット中はお弁当ではなくヘルシーな単品を組み合わせるようにしたいですね。

まず主食はおにぎりをチョイスしましょう。
具はマヨネーズを使った物は避け、梅や昆布、鮭などを選べば低カロリーでオススメです。
そこにカップ味噌汁を加えれば満足度がアップしますよ。
さらにキンピラゴボウで食物繊維と野菜をプラス。
タンパク質が足りないと痩せにくくなってしまうので、豆乳を飲めば手軽に栄養を補えます。

糖質オフ、低カロリーで満腹感ある夕食を!


寒い季節に食べたくなるのが温かいおでんやお鍋、スープです。
どれも糖質が控えめでダイエット中も安心なので、その日の気分に合わせて選びましょう。
そこに納豆か枝豆などの大豆製品を添えるとタンパク質の補給ができ、栄養満点の夕食になりますよ。

おでんなら大根、しらたき、昆布巻き、卵などが低カロリーです。
逆にもち巾着やがんもどき、厚揚げ、ジャガイモなどはカロリーが高めなので食べ過ぎには気をつけましょう。
お鍋には、そのまま火にかけられる物やレンジで温めるだけの物があります。
野菜やお肉、お魚が全てセットなので楽チンですし、栄養バランスもバッチリです。
また、最近は各コンビニから「○グラムの野菜がとれる」という事をアピールした具だくさんスープが販売されています。野菜不足の人にはピッタリですね。

まとめ

ここまで見てくると、コンビニには意外とヘルシーな食品がたくさんある事が分かりますね。
もちろん毎日連日コンビニ飯だと問題ありですが、忙しい時や疲れている時には便利なので活用するのは悪い事ではありません。
最近のコンビニは品揃えが豊富なので、たくさんの中から少しでも身体に良い物を選びたいですね。

Posted by S&S