ただ美味しいだけじゃない!ひな祭りの縁起物,菱餅,ひなあられとは?

ただ美味しいだけじゃない!ひな祭りの縁起物,菱餅,ひなあられとは?
ひな祭りのお料理といえば、ちらし寿司や手まり寿司に蛤のお吸い物。
大人は白酒を飲み、子どもにはノンアルコールの甘酒を。
デザートとしては桜餅。お供え物としては菱餅やひなあられなどでしょうか。
縁起物として食べられていますが、なぜこれなのか、どういった意味があるのかは意外と知らないものです。
今回はこの中から、菱餅とひなあられについて調べてみたので、皆さんにもご紹介しますね。

菱餅はまさに桃の節句の飾り物!


3色のお餅を重ねてひし形に整えたもので、色は上からピンク・白・緑であることが多いです。
この色にもちゃんとそれぞれ意味があるんですよ。

ピンク 魔除け・桃
白   清浄・雪
緑   健康・長寿・大地

これは桃の花が咲き誇り、雪解けが始まった大地には新緑が芽吹いてきた、という春を表現しているのです。

ひな祭りの大元となった中国の上巳節では、母子草(ははこぐさ)を入れたお餅が食べられていました。
しかし日本に伝わった後に、母子草という名前から、これをつくのは縁起が悪いとされます。
その代わりに、香りがよく邪気を払う力があるとされる、ヨモギを入れるように。
江戸時代になると、菱の実を使った白いお餅との2色で飾られるようになり、このころから菱形に整えられるようになります。
明治時代になって、クチナシで色を付けたピンク色のお餅が加えられ、今の3色になりました。

関東と関西で違うひなあられ。通販などで食べ比べするのもオススメ!

関東では主に、ピンク・白・緑のあられをお砂糖で甘く味付けしたお菓子です。

また、炒った豆に砂糖がけをしたものも、ひなあられと呼ぶことがあります。
お餅を揚げるのではなく、うるち米などを原料とした、ポン菓子を使用しているものが多いようですね。

江戸時代に爆米(はぜ)というお菓子が流行り、それをひなあられとして使ったという説や、残り物のご飯を干して炙ったという説などこれも諸説あります。

関西のひなあられは、いわゆる普通のあられです。

お餅を揚げたものに、お醤油やお塩などで味付けを施します。
見た目も関東風に比べて落ち着いた色合いのものが多く、こちらは甘くありません。

元々のひなあられは菱餅を砕いて作ったものが始まりだとされています。
ひな祭り自体も宮中行事から発展していったものなので、こちらが本来の形かもしれませんね。

ひなあられの色も、菱餅と同じ意味合いを持っています。
ここに黄色が加わることで、四季をあらわすこととなり、1年を通して幸福を祈願する意味が加わるそうですよ。

関東と関西のひなあられ

まとめ

菱餅もひなあられも、生まれてきた女の子がまた1年間健康で幸せに過ごせるように、という願いが込められています。
菱餅などはプラスチックの飾りで代用する人も多いようですが、たまには本物を飾ってみるのもいいかもしれません。
もしお餅が固くなってしまったら、小さく切って油で揚げてしまいましょう!
自家製のひなあられの完成です。
まぶすのはお塩でもお砂糖でも、お好みのお味をどうぞ。

Posted by S&S