春休みのお出かけには桜餅。実は2種類あるって知ってましたか?

春休みのお出かけには桜餅。実は2種類あるって知ってましたか?

春休みともなると陽気もよくなってきて、ちょっとお出かけしたくなってきますよね。
桜前線が北上する時期と重なることもあり、あちこちでお花見に参加する人もよく見ます。
お花見といえば、宴会を思い浮かべる人もいるかもしれません。
ですがやはり、桜といえば、桜餅も忘れてはいけません!
桜を見ながらの桜餅。なんだかとっても風流ですよね。
実はこの桜餅、いくつか種類があるって知ってましたか?
今回はその桜餅の特徴と、歴史について簡単に紹介しますね。

桜餅には2種類ある!「長命寺」と「道明寺」その違いとは?


桜餅には大きく分けて2種類あり、関東風と関西風でその材料や形状が違っています。
共通点としてあるのは、ピンク色に着色しているところ。
そして、塩漬けした桜の葉っぱで包まれているところです。
まずは、それぞれの基本的な特徴を簡単に紹介しますね。

関東風の桜餅は、「長命寺」と呼びます。
江戸風とも呼ばれ、主に東京を中心とした関東で流通しています。
皮は小麦粉で作っていて、厚さは薄め。
形としては二つ折りにしたものや、小さな筒のように包んだものがほとんどですね。
イメージとしては小さなクレープに近く、包まれているあんは「こしあん」です。

関西風の桜餅は、「道明寺」と呼びます。
主に関西を中心に流通していたことから、上方風ともいわれています。
現在ではこちらの方が全国的にも主流といえる状態です。
もち米を蒸してから乾燥させて砕いた道明寺粉を、もう一度蒸して使います。
砕いたといっても、お米の形を残しているので、つぶつぶ感は残ったままです。
おはぎとは違って、あんは中に包んでいますが、イメージとしては近いものがあります。
小ぶりで丸いものが多く、包まれているあんは「粒あん」です。

桜餅の発祥は江戸時代、お花見と共に大ヒットスイーツに!


関東風の「長命寺」の方が歴史が長く、1717年頃に作られ始めたといわれています。
何でも、向島にあった「長命寺」というお寺で門番をしていた、山本新六という人が発明。
すでにその当時には、隅田川沿いの堤防が8代将軍の徳川吉宗の政策によって、桜の名所となっていました。
その桜の葉を何とかして再利用できないかと考え、塩漬けにして保存します。
お花見の時期に合わせて、塩抜きをした葉っぱでお餅を包んで「長命寺」の門の前で売り出したのが大ヒット。

その美味しさは大評判となって、長命寺の桜餅と呼ばれるようになったそうです。
この桜餅は今のピンク色と違って白い皮で作られていて、今も続く老舗のお店となっていますよ。


長い間食べられ続けているだけあって、地方によって派生した桜餅がある場合も。
もち米や上新粉を使っているものや、緑色をしたものもあるそうですよ。

おわりに

ちょっとしょっぱい桜餅の葉っぱ。
これって食べるかどうか、ときどき迷ってしまいますよね。
「長命寺」発祥のお店である「山本や」さんでは、外すことをおすすめしています。
逆に味のアクセントとして一緒に食べてください、というのお店も結構あるようです。
どうも正式な決まりはないようで、売っているお店によっても意見が分かれています。
結局はお好みで、ということのようですが、剥きにくいこともあって「道明寺」派はそのまま食べる人が多いみたいですね。
最近のスーパーなどでは関東風と関西風の両方1パックで売っていたりもします。
もし良かったら、お花見をしながら食べ比べをしてみてくださいね!

Posted by S&S