光沢がある、丈夫な爪を保ちたい。上手なケアで指先からキレイに!

日々の生活に追われていたら、ついおろそかになりがちな爪のお手入れ。
うっかり割れたりしてから、爪の状態に気が付くことも。
今回は健康で美しい爪にするためのケア方法を、いくつかご紹介しますね。

爪を乾燥から守って潤いを与える

多くの場合、爪が割れたり、二枚爪になってしまう原因は乾燥していること
毎日使うせっけんや洗剤でも、水分や油分が手から奪われていきます。
手がカサついているときは、当然、爪もカサついています。
ハンドクリームを使うときには、意識して爪と爪の周りにもなじませましょう。
寝る前にクリームを塗ったら、手袋をして眠るとまるごと保湿することができます。

また、オイルを使ったマッサージも試してみてください。
ネイルオイルを使う場合は、1日に5回以上を目安に行うのが理想的です。
保湿以外にも、丁寧なマッサージで血行が良くなると爪の下がキレイなピンク色に。
ネイルオイルがない場合は、家にある植物油でも代用ができます。
指先に使うので、口に入ることも考えて油を選んでくださいね。

食べ物やサプリメントで爪を強くする

爪は主に、ケラチンというタンパク質の一種からできています。
良質なタンパク質と、それを有効活用するための、各種ビタミン・ミネラル類も大切です
コラーゲンや、ビタミンA・Cなどは特に良いとされますが、爪を美しく保つにはバランスの良い食事が一番。
とくに、鉄分や亜鉛が不足すると、爪の形が悪くなってしまいます。
食事で補えない分は、プロテインやサプリメントなどを有効活用しましょう。

爪切りよりも、やすりを使おう!

爪を切るときに爪切りを使うと、大きな負担がかかり、二枚爪の原因になることも。
とくに切れ味の悪い爪切りを使っていると、ダメージを与えやすくなります。
どうしても爪切りを使う場合は、お風呂上りなどで爪が十分にやわらかくなっているときに使うようにしましょう。
お財布に余裕があるなら、爪切り専用の高級なハサミもありますよ。

やすりで整える時も、指をぬるま湯に2分ほどつけて、爪をやわらかくしましょう
目の粗いやすりを使ってある程度削り、目の細かいやすりで整えます。
やすりは往復させないで、一方方向に動かしてかけると爪への負担が少ないです。

ネイル補強コートを使う

食べ物や切り方に気を付けていても、効果が出てくるのには1カ月ほどはかかってしまいます。
それまでの間は、爪を補強するコート剤に頼るのもありです。
コート剤はマニキュアのように爪に塗ることで、表面をコーティングして守ってくれます
透明なものからカラー付きのものまであり、種類によってはネイルのベースコートやトップコートとして使えるものも。
塗りなおす頻度はそれぞれ違いますが、落とすときにはリムーバーが必要です。
必ずノンアセトンのものを選ぶようにしましょう。
使用後はしっかりと保湿をすることも忘れずに。

まとめ

保湿に気を付けて、バランスのいい食事をし、やすりで爪を整えたら、コート剤で補強する。
どの方法も、効果が感じられるまで少し時間がかかります。
もし今、爪に不安があるなら、とりあえず1カ月ほど試してみませんか?

Posted by S&S