それって本当に「美白」効果ある?失敗しない美白化粧品の選び方

シミやソバカスのない透明感がある肌は誰もが憧れますよね?
美白化粧水、美白クリーム、美白パックなど、「美白」と名の付いたコスメは世の中にたくさんあります。
でも、ひとことで美白と言ってもいろんな意味があり、コスメの選び方を間違えると期待するような効果が得られません。

そこで今回は、美白化粧品の種類や選び方のポイントについて徹底的に解説します。
シミやソバカスで悩んでいる人は是非とも参考にしてくださいね!

しっかり確認!本当に効く美白化粧品の特徴とは?


商品名やパッケージのキャッチコピーに「美白」や「明るい肌」と記載されていると、茶色く広がったシミやソバカスを消してくれる化粧品だと思い込んでしまいやすいですが、実際はそうではありません。
美白が意味することは大きく3つあります。

まず1つ目はくすみを落とす事です。
くすみがあると肌が黒ずんで見えるため、古い角質を落とせば明るい肌になれる効果は期待できます。
しかしこれだけでは表面的な汚れを落としているだけなのでシミそのものには対処できていません。
使った直後は何となく肌が白くなった気がするかもしれませんが、根本的な解決にはならないので注意が必要です。

2つ目は新たにシミ、ソバカスが出来ないようにしてくれる事です。
紫外線や老化、外部刺激などの影響で肌の奥でメラニン色素が生成され、黒くなる事でシミやソバカスが出来てしまいます。
この仕組みにきちんとアプローチしてくれる美白化粧品なら、きちんと予防ができるので明るい肌をキープすることができます。
若いうちから予防をしておくことが大切です。

3つ目は、もう出来てしまったシミやソバカスを薄く目立たなくしてくれる事です。
少し前までは、出来てしまったシミはクリニックや美容皮膚科などでレーザー治療をしないと消えないと言われていましたが、最近では自宅でケアができる美白化粧品も増えてきました。
鏡を見るたびにシミが気になってどんよりするという人にピッタリのアイテムです。

このように、ひとことで美白といっても様々な意味があります。
シミを消したいのにくすみ対策の化粧品を使っても効果を実感出来るはずがありませんよね?
自分が期待する効果とその化粧品の持つ効果効能が合っているのかをしっかりチェックしてから使うようにしたいですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

mirutea_beautyさん(@mirutea__)がシェアした投稿

目的別に選ぶ!美白におすすめの成分とは?


美白コスメを選ぶ際に注目してほしいのが、そのアイテムに含まれる成分やその配合量です。
ここからは、美白の目的に合わせたおすすめの成分を3つご紹介します。
ここで紹介する美白成分は全て厚生労働省認可の有効成分ですので安心して使えますよ!

・シミ、ソバカスを予防したいならアルブチン

アルブチンはコケモモや梨などから抽出される天然の美白成分です。
メラニンの生成を抑えてくれる効果があるため、シミやソバカスの発生を防いでくれます。

・シミ、ソバカスを予防しつつ薄くしたい人にはビタミンC誘導体

紫外線対策にビタミンCが良いというのは有名ですが、実は肌に浸透しにくい、長く効果が続かないなどのデメリットもあります。
そこで開発されたのがビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体はビタミンCの安定性や持続性をさらに高めた成分です。
抗酸化作用や新陳代謝を促進する効果があるため、シミやソバカス予防にだけでなく薄くしてくれる効果も期待できます。

・シミ、ソバカスを徹底的に薄くしたいならハイドロキノン

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われるほどの魅力的な美白成分です。
かつては取り扱い方法が難しいため皮膚科医などの処方が必要な成分でした。
しかし研究の成果により安全性と安定性が高まり、一般的なコスメにも配合できるようになりました。
ハイドロキノンには強力な還元作用があるため、すでに肌に出来たシミやソバカスを薄くしてくれる効果が期待できます。
ただし効果が高い分、刺激が強めなので敏感肌の人は注意が必要な成分です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

mirutea_beautyさん(@mirutea__)がシェアした投稿

まとめ


いかがでしたか?今まさに美白化粧品を使っている人は、本当に自分が欲しい効果が期待できるのかを確かめてみましょう。
これから使ってみたいという人は購入前に配合成分をチェックして、自分にピッタリのアイテムを見つけてくださいね!
また、1つの美白成分が配合されたアイテムだけだなく、複数の美白成分で相乗効果が得られるものもあるので、徹底的に美白を極めたい人はじっくり探してみてはいかがでしょうか?

Posted by S&S