春夏だけじゃない!秋冬注目、美白化粧品とフェイスマッサージを紹介

肌寒い季節がやってきて、春夏の強い日差しも無くなり「もう美白しなくてもいいのでは?」と思っていませんか?
たしかに秋冬は外に出るだけで肌が黒くなることはありません。
自然と長袖やマフラーを着用するので露出も少なくなりますね。

しかし秋冬に美白ケアをサボってしまうと、せっかく頑張った今までのケアが無駄になってしまいまうのをご存じですか?
今回は、秋冬も美白ケアが必要な理由と合わせておすすめの美白ケアをご紹介します。

秋冬も美白ケアが必要な理由

秋冬もしっかりとした美白ケアが必要な理由はずばり「乾燥」です。
空気が乾燥する季節になると、空気中の物質が少なくなり肌に直接紫外線が届きやすくなってしまいます。

さらに肌は乾燥によって紫外線刺激やダメージを受けやすく、夏に比べてシミやそばかすの原因となるメラニンが生成されやすくなっているのです

また秋冬の日差しは夏よりも柔らかく紫外線が弱まる一方で、太陽傾斜度が低くなります。
すると夏よりも多くの角度から顔全体に向かって日差しが当たることに!
日焼け止めを忘れがちな輪郭や耳周り~こめかみにまで紫外線ダメージが蓄積されていきます。

つまり秋冬には秋冬の、春夏とは異なる美白ケアが必要だということです。

実は…美白ケアの本番は秋冬です

春夏の美白ケアは「メラニンの発生を抑制する」ことが目的。
実はどんなに対策をしても降り注ぐ紫外線から肌を守るので精一杯です。
美白ケアは秋冬まで継続して行うことでようやく「白く、透明感のある肌に導く」効果が期待できます。
天気や場所を問わず日焼け止めを塗る事にプラスして、秋冬に取り入れるべき美白ケアをご紹介します。

保湿効果の高い美白化粧品を選ぶ

 

この投稿をInstagramで見る

 

skinholictokyoさん(@skinholictokyo)がシェアした投稿

秋冬の美白化粧品選びで大切なのは、保湿効果の高いアイテムを選ぶことです。
夏場以上に乾燥対策が重要になるので、化粧水などの基礎化粧品も高保湿タイプに切り替えましょう。
普段のスキンケアにシートマスクや美容オイル、美顔スチーマーなどをプラスして保水を強化するのも効果的。

保湿で肌のキメが整えば、肌の透明感もアップしてより美白効果が感じられます。

肌にごわつきを感じるときは、ピーリングなどで角質ケアをしましょう。
ゴワゴワしている状態の肌はすでに乾燥によって角質層が固くなってしまい、美白化粧水が肌に浸透しづらくなってしまっています。

定期的な角質ケアで、化粧水の浸透率もグッと良くなりますよ。

フェイスマッサージでくすみ対策

 

この投稿をInstagramで見る

 

K.g.Oフェイスクリームさん(@kgo_official)がシェアした投稿

身体が冷える秋冬は、血行不良によるくすみが発生しやすい季節です。
顔面の血行不良は肌色を悪く見せるのみならず、肌の細胞に栄養を届けるのも遅くなりターンオーバーの乱れを招きます。

そんな時は、バスタイムを有効活用してフェイスマッサージをしましょう。

香りの良いクリームを使って、リラックスしながらマッサージしてくださいね。

Posted by S&S