クリスマスにオススメ!着ぶくれしない白ニットのコーディネート

クリスマスのデートやパーティーでは、女性らしく清潔感のあるファッションで男性からの好感度をアップさせたいですよね?
男性ウケする冬のファッションといえば白いニットを取り入れたコーディネートです。
でも、白ニットを着るとなぜか太って見えるからと避けていませんか?

そこで、今回は着ぶくれしない白ニットの着こなしのコツを伝授したいと思います!
怖がらずに白ニットにチャレンジし、男性からの熱い視線を独り占めしちゃいましょう!

ニット自体の厚みが薄い物を選ぶ!

クリスマスの時期はとても寒いので、暖かそうなボリュームのあるニットを選びたくなるかと思います。
しかし、ニットの素材自体がモコモコ分厚いと、着た時にボリュームが出て太って見えてしまいます。
最近は薄手の発熱性インナーや保温性インナーなど優れたアイテムがたくさんあるのでそれらを着用し、薄手の白ニットを選ぶようにしましょう。

Vネックなら華奢見えが叶う!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sachika Takemuraさん(@sachika_takemura)がシェアした投稿

着やせのコツは、細い部分はしっかりと見せることです。
胸元がVの字にあいた白ニットなら、鎖骨やデコルテが見えて華奢な印象を与える事ができます
ただし全体がピッタリしたニットだとボリュームある胸やお腹周りが強調されて着ぶくれしてしまいます。
首元やデコルテは見せつつウエストや下腹部などはカバーできるゆったりめのニットを着れば、ぐっと着やせして見えますよ。

タートルネックは襟ぐり広め幅広めが鉄則!

タートルネックは首元が詰まっていて顔が大きく見えたり太って見えるイメージがあるかもしれません。
しかし襟元がタイトな物を選ばず、襟ぐりが広くあいていて、幅が広いシルエットのタートルネックなら安心です
。首元にボリュームが出るので全体的なバランスが整い、小顔効果や細見え効果がありますよ。

縦ラインを強調できるリブニットで着痩せを実現!

 

この投稿をInstagramで見る

 

mysty woman(ミスティウーマン)さん(@mystywoman_com)がシェアした投稿

縦にストライプ模様が入った服を着ると細く見えることはもはや常識ですが、単色の白ニットでもストライプ効果による細見えは可能です。
ニットは編み方によって凸凹のデザインが生まれます。縦に模様が入ったケーブル編みやリブが入ったニットなら、目の錯覚で縦ラインが強調され、実際よりも細く見せる事ができますよ。

まとめ

着こなすのが難しいイメージの白ニットですが、いくつかのポイントに気をつければ可愛く華奢な女性らしさをアピールできます。
白は清潔感があり優しく見せる効果があるため、ここぞという時に活用したいカラーです。
クリスマスこそ普段よりも女性らしさを意識して、男性をドキッとさせたいですね。

Posted by S&S