ナチュラル志向に大人気!肌に優しいオーガニックコスメの賢い選び方

お肌にも環境にも優しいと最近話題になっているオーガニックコスメ
国産ブランドも増えてきて、選択肢は広がる一方ですね。
ここでは、たくさんあるオーガニックコスメの中でどれを選べば良いか分からない、という方のために、賢いオーガニックコスメの選び方を解説していきます。

オーガニックコスメとは?

そもそもオーガニックとは、化学肥料や遺伝子組み換えに頼らずに有機栽培で育てられた原料の事を言います。
天然の農薬を使用する事は認められているため、オーガニックは無農薬ではありません。

また、日本では明らかなオーガニックコスメの定義はなく、原料に1つでもオーガニック素材が入っていれば「オーガニックコスメ」と謳う事が出来ます。
ちなみに海外ではオーガニック認証団体があり、厳しい基準を設けているところもあります。
その点では海外のオーガニックコスメを選ぶ方が楽かもしれません。

しかし、日本製のオーガニックコスメが劣っているというわけではありません。
メイドインジャパンのコスメは品質が良いことでも定評がありますし、日本人の肌に合わせて作られているというメリットもあります。
賢く国産のオーガニックコスメを選べば、理想的なスキンケアやメイクアップができますよ。
どんな点に気を付けてオーガニックコスメを選べばよいのかを詳しく解説していきましょう。

オーガニック原料の配合量や濃度に注意する

先程もお伝えしたとおり、残念ながら日本ではオーガニックコスメのハッキリした定義はありません。
そのため、メーカーによってオーガニックコスメと呼んでいる基準がバラバラです。

そこで、購入前にチェックしておきたいのがオーガニック原料の配合量や濃度です。ほとんどのコスメは複数の原材料から出来ています。
例えば20種類の原材料があるとして、そのうちの何種類がオーガニックの植物を含んでいるかがポイントです。
また、原材料のほとんどが水で、その他は微量のオーガニック原料という場合もありますので注意が必要です。

原材料は、表示が上にある方から多く含まれているので、配合量や濃度を判断する際の目安になります。
また、公式ホームページなどでオーガニック成分の配合量や割合をきっちりと開示していれば信頼できる証拠です。
オススメは、全ての原材料の7割から8割がオーガニック成分でできている物です。
ホームページに記載が無ければ、メーカーに問い合わせてみるのも良いですよ。

アレルギーに注意する

次に注意が必要なのがアレルギーです。
オーガニックとか植物由来と聞くと肌に優しいイメージがありますが、植物成分でもアレルギーが起こる場合があります。
アレルギー体質の人や植物でかぶれた事がある人は、事前に成分をチェックして、アレルギー物質が入っていないか確認しましょう。

添加物に注意する

オーガニックコスメは副作用や刺激がないナチュラルなイメージがあるかと思います。
しかし、中には保存料や着色料、石油系界面活性剤などの添加物を使用している物もあります。
オーガニックだから無添加というわけではありません。
オーガニック原料以外の原材料にも着目し、本当に肌や環境に優しいのかを見極めて下さいね。

まとめ

いかがでしたか?
一昔前は一部のナチュラル志向の人たちが使っていたオーガニックコスメですが、人気が広がったため様々なメーカーが様々な基準でオーガニックコスメを販売しています。
本物の「オーガニック」を選んで、本物のナチュラル志向を目指したいですね!

Posted by S&S