秋のファッションはバッグの差し色が決め手!これであなたも上級者

暑い夏も終わりに近づいてきましたね。秋に向けて、落ち着いた秋色のファッションを楽しんでいる今日この頃です。
でも、なんだか暗い色の服ばかりでつまらないなぁと思うこともありますよね?そんな時は明るいカラーのバッグでコーディネートするのがおすすめです。

今回は秋の洋服が素敵に映えるよう、バッグを差し色にしたコーディネートをご紹介します。難しそうと思わずにチャレンジしてみましょう!

差し色って何?

ファッション誌やサイトでよく見かける「差し色」というワードですが、具体的にどんな色のことを言うのでしょうか?差し色とは、コーディネートのベースとなるメインのカラーとは異なる系統の色を取り入れることです。差し色はあくまでもメインのカラーのアクセントの役割をするので、メインカラーよりも面積を少なくすることがポイントです。

差し色を取り入れやすい物は、靴下やインナーなどのチラッと見えるものやファッション小物です。毎日持ち歩くバッグで差し色を取り入れることができれば手軽にオシャレなコーディネートの仕上げが出来ますね!

レッドの差し色で大人カワイイをめざす


差し色コーデの初心者におすすめなのがレッドのバッグです。秋ならモミジのような鮮やかで深みのある赤がおすすめです。ブラックやネイビー、ベージュなどのダークカラーとの相性が良く、落ち着いた中にも彩りを加える事が出来ます。さり気なく女性らしさをアピールできるので、大人カワイイをめざしたい人にはおすすめのカラーです。

イエローの差し色で明るく元気な印象を

イエローというと夏のイメージを想像する人もいるかもしれませんが、やや落ち着いて優しい印象のマスタードイエローなら銀杏のような雰囲気も出て秋にピッタリです。
個性的で存在感がありながらもさり気ないオシャレ感を出すことが出来ますよ。
子供っぽすぎない明るさを演出してくれるビタミンカラーです。

グリーンの差し色で垢抜けコーデ

グリーンは合わせる色に寄って印象が大きく変わってくるカラーです。
深みのあるモスグリーンならどんなファッションからも浮かずしっくり馴染みます。
秋服のダークカラーと組み合わせれば上品で落ち着いた大人のイメージになるので試してみてください。
着こなしが難しいと思われがちなグリーンをファッションに取り入れるだけで、一気にオシャレ上級者になれますよ。

まとめ

ファッションに明るい差し色を使うのは難しい印象があるかもしれませんが、バッグなら取り入れやすいのでオススメです。
ちょっとした事で全体の印象が変わるので、バッグのカラー選びは侮れませんよ!ついついモノトーンやダークカラーに偏りがちな秋だからこそ、バッグでファッションをアップデートしてみてはいかがでしょうか?

Posted by S&S