初心者さん必見!注意するべきフレグランスのマナー

初心者さん必見!注意するべきフレグランスのマナー

香水をはじめとした「フレグランスアイテム」を上手に使える女性は素敵ですよね。
華やかな香りに憧れて「自分も使ってみたい」と思っている女性も多いのではないでしょうか。

ところが意外に使い方が難しく「香害」になってしまっている人がいるのも事実。
そこで今回は、フレグランスを上手に使うために気を付けるべきマナーをご紹介します。

これからチャレンジしようと思っているフレグランス初心者さんは要チェックです。

1.香りは「自分ではわからない」くらいでOK


せっかく良い香りのフレグランスを使うのだから、自分でも香りを楽しみたいですよね。
しかし、自分で香りを感じられるほどつけてしまうと「つけすぎ」です。
他の人には強すぎる香りに感じてしまいます。

自分でフレグランスの香りを楽しみたい場合は、ハンカチにつけたりルームフレグランスとして使ったりして活用しましょう。
カーテンやランプシェード、ウォールペーパーなどに吹きかけると、お部屋にふんわりと香ってフレグランスを楽しめます。

2.TPOで香りを選びましょう


ファッションと同様、フレグランスにもTPOがあります。
「お気に入りだからいつも同じフレグランス」はNGです。

例えば、オフィスや学校では甘すぎないフレッシュな香りがベター。柑橘系やサボン系がおすすめです。
また高級レストランは、味だけではなくお料理の見た目や味を楽しむ場所であるため、存在感のある香りはNGです。

フレグランス選びはシチュエーションを大切にしましょう。

3.つけるパーツにもこだわりを


フレグランスは付ける場所によっても香り方が変わります。
フレグランスは体温が高い部位ほど香りやすくなるため、はっきり香らせたい時は、胸元やうなじなど体温が高い部分につけ、ふんわりと香らせたい場合は髪や足元など体温が低い場所につけましょう。

また脇など汗をかきやすい部分には使わない方がベター。
フレグランスは本人の体臭とまじりあって個性を発揮するとはいえ、汗と混じると悪臭になってしまいますので注意しましょう。

なお、手首につけてグリグリとこすり合わせるのは絶対にNG。
フレグランスの香りは繊細なので、こすり合わせることで香りが濁ってしまいます。

フレグランスはマナーを守って上手に使いましょう


フレグランスはマナーを守って上手に使えば、人の印象に残る素敵なアイテムです。
自分が好きなフレグランスを身にまとうことでリラックス効果や集中力をアップさせる効果もあります。
また種類も多く、個性を表現するのにもピッタリです。

いくつかのポイントを抑えて使用すれば難しいものではないため、ぜひチャレンジしてくださいね。

Posted by S&S