意識してますか?くちびるのエイジングケアの大切さとケアの方法

歳を重ねるにつれて目元や口元のたるみやシワなど、エイジングサインが気になってきますよね?
美容液や美容クリームで保湿やリフトアップに励んでいる方も多いかと思います。
でも、実はくちびるが顔全体に与える印象が大きいんです!
そこで今回は、くちびるのエイジングケアの大切さとケアの方法について詳しく解説します。

くちびるの老化はどんな悪影響がある?

加齢によって肌の内部にあるコラーゲンやヒアルロン酸がどんどん減少するのは有名な話ですが、くちびるも同じです。
コラーゲンが失われるとハリと弾力がなくなり、くちびるに縦ジワが出てきたり、薄くなってしまいます。
また、水分が失われて乾燥すると、皮むけやくすみにつながります。

こうなるといくら口紅を塗っても綺麗に乗らず、老化のサインをごまかしきれません。
さらに口元のたるみのダブルパンチで、顔全体に老け感が出てしまうのです。
たかがくちびるだと思っていると、見た目年齢が大きく上がってしまうので注意が必要です。

やってはいけない間違ったくちびるのケアとは?

くちびるが乾燥するとつい舌で舐めてしまっていませんか?
それで水分を補給したと思ったら大間違いです。
逆に水分が蒸発する量のほうが多くなり、乾燥が悪化してしまいます。

また、皮がむけてきたらついその部分をむいてしまったり、スクラブの洗顔料やピーリング剤で取り除こうとしていませんか?
これもNGです。摩擦による刺激はくすみを引き起こします。
また、無理やり皮をむくと血が出たり荒れの原因になるので注意しましょう。

くちびるのエイジングケアの方法は?

それではどのようにくちびるのケアをすれば良いのでしょうか?一番手軽な方法はリップクリームを活用することです。
リップクリームには油分が含まれているため、乾燥を防いでくれます。
ただしエイジングケアをしっかりと行うには、リップクリームの選び方が重要です。

まず、潤いやハリ、ボリュームをアップさせたいなら、ヒアルロン酸やコラーゲン、はちみつなどの成分が配合されたものを選びましょう。
水分を抱え込んでくれるのでボリュームのあるぷるぷるのくちびるを目指せます。

次に、荒れやくすみが気になる人にはグリチルリチン酸やビタミンC、ビタミンB6、ビタミンEが配合されたリップクリームがおススメです。
炎症を抑える効果や粘膜を守る効果、血行を良くする効果が期待できます。それにより血色の良い滑らかなくちびるへと導いてくれます。

最後に、UV対策をしたい人におすすめなのが、紫外線防止成分やミツロウが入ったリップクリームです。
紫外線は肌のバリア機能を衰えさせ、シミや乾燥などの様々なトラブルの原因になります。
しっかりとUVケアをすることで肌を保護し、トラブルを予防することが大切です。

まとめ

これまで色や香り、パッケージの可愛さなどでなんとなくリップクリームを選んでいた人も、きちんと配合成分をチェックしてみましょう。
高級なエイジングケアクリームを買うよりも、リップクリームで若々しさをキープできるかもしれませんよ!

Posted by S&S