いつも最高の自分でいたい!外出先での簡単メイク直しのコツ。

時間をかけて化粧下地、ファンデーション、ポイントメイクと丁寧にメイクアップしても、会社に着いた頃には何だかイマイチ、夕方にはファンデーションが浮いてきてしまいますよね?
だからと言って自己流で化粧直しをすると厚塗りになってしまい、理想とは違う顔になりがちです。

今回はそんな悩みを解決するために、メイクが崩れる原因と簡単なメイク直しのコツをご紹介します。
コツを押さえれば1日中キレイな肌で過ごせるはずですよ!

朝のメイクが台無し!どうしてメイクは崩れるの?

まずはメイクが崩れてしまう原因から解説します。
メイクの崩れはファンデーションの浮き、ヨレ、剥げなど様々ですが、主な原因は大きく5つです。詳しく1つずつ見ていきましょう。

・汗

夏の暑い日だけでなく、冬場でも暖房がきいたオフィスでは汗をかきやすくなりますよね?
また、運動時も汗が大量に分泌されます。
汗の水分によってメイクが流れてしまうため、化粧崩れが起こります。

・皮脂

ファンデーションをはじめとするコスメは油に溶けやすい性質があります。
そのため皮脂と混じり合って溶けてしまい、ドロドロになってヨレたり浮いたりしてしまうのです。

・乾燥

スキンケア不足やエアコンによる乾燥で肌の潤いが少ないと、ファンデーションが肌に密着しにくくなります。
そうなるとすぐにファンデーションが浮いたり剥げたりしてしまいます。
また、乾燥から肌を守ろうとして皮脂を過剰に分泌してしまうため、さらにメイク崩れを引き起こします。

・摩擦

目を擦ったり頬杖をついたり、何気ない仕草で顔を触ってしまうと摩擦によってメイクが落ちていきます。
顔を触るクセのある人は注意が必要です。

・コスメの選び方や使い方

乾燥肌なのにサッパリ系のコスメを使っている、脂性肌なのに油分多めのスキンケアをしているなど、肌質に合わないコスメを使うとメイクが崩れやすくなります。
また、基礎化粧品が肌に浸透する前にすぐにファンデーションを塗ると肌に密着しないので崩れやすくなってしまいます。

このように、メイクが崩れるのには様々な原因があります。
自分に合ったスキンケアをすればある程度の乾燥や皮脂の過剰分泌は防げるかもしれませんが、100%防げるわけではありません。
やはりメイクが崩れるのは仕方のない事ですので、いかに上手にメイク直しをするかがポイントですね!

パンパンのポーチから卒業!最小限のアイテムでメイクを直すには?

それではどうすれば厚塗りにならずにキレイに化粧直しが出来るのでしょうか?
たくさんの化粧直しのための道具を持ち歩かず、最小限でキレイになれる方法をお伝えします@

まずは皮脂と混ざりあったドロドロファンデをティッシュなどで押さえてオフします。
ここで決して擦らないようにして下さい。
もしこれだけでは汚れが落ちなければ、コットンに乳液を浸して軽く拭き取りましょう。
ミニサイズの乳液をポーチに入れておくと便利です。

オフできたら肌に潤いを与えます。
ここでオススメなのはミストタイプの化粧水です。
顔全体にシュッと吹きかければ、次に使用するファンデーションの密着度がアップしますよ。

最後はファンデーションで仕上げます。厚塗りな印象にしないためにはパウダータイプのファンデーションが良いでしょう。
これで朝のキレイな肌が復活しますよ@あとは必要に応じてチークやアイカラーなど、ポイントメイクも直してくださいね。

まとめ

お化粧は毎日の事なので、出来るだけ簡単な手順でキレイさキープしたいですよね?
今回ご紹介したメイク直しの方法なら、ポーチに少しのアイテムを入れておくだけでサッとお手入れが出来ますよ!
これなら1日中最高の自分でいられるはずです!

Posted by S&S