意外と簡単!レザー小物を長持ちさせるお手入れ方法をご紹介します

ジャケットやお財布、バッグ等女性向けのファッションにも多く使われているレザー。
特に秋冬には、高級感があり温かみを感じられることから人気の素材の一つです。

そんなレザーですが、なかには「お手入れが面倒くさい」「濡らさないように気を使うのは疲れる」という声も。
確かにレザーは一般的な布製品とは異なりお手入れが必要な素材です。

ですが、毎日のお手入れ自体は意外と簡単にすることができるんですよ!
この記事ではレザー小物の簡単なお手入れ方法を解説します。

レザー小物にお手入れが必要な理由

レザー(本革)は生きている天然素材です。
濡れてしまうことでシミになってしまったり、ひっかき傷がそのまま残ってしまったりと繊細な特徴を持ちます。

この繊細な特徴の一つが「乾燥」です。
レザーも人間の皮膚と同じように、乾燥します。

乾燥した状態で放置してしまうと革のひび割れやシワなどトラブルの原因に。
レザー小物を長く綺麗に使うためには、お手入れをして保湿したり、革に栄養を与えてあげる必要があります。

レザー小物を買ったら最初にするお手入れ

レザー小物やジャケットを購入したら、まずは防水スプレーを吹きかけましょう。
特にジャケットやバッグは、急な雨などで濡れてしまう可能性の高いアイテムですので、対策が必須です。

ただし、防水スプレーを吹きかけるときはまずは裏地など目立たない場所に吹きかけてください。
レザーとスプレーの相性が悪いと、防水スプレー自体がシミになってしまう危険性があります。

レザー小物を使用した時のお手入れ

普段、レザー小物を使った時のお手入れは、大きく3つのステップで説明できます。

必要なものは以下の通りです。
・馬毛ブラシ
・レザーメンテナンス専用クリームOrオイル
・柔らかい布(クリーム用)
・柔らかい布(乾拭き用)

帰ってきたらブラッシング&乾拭き

 

この投稿をInstagramで見る

 

mujikko-RIE/整理収納コンサルタントさん(@mujikko_rie)がシェアした投稿

自宅に帰ってきたら、ブラッシングと乾拭きをします。
レザー小物のファスナーや縫い目に溜まった埃をブラシで掻き出し、小物全体を乾拭きします。

1ヶ月に1度はクリームを塗布

 

この投稿をInstagramで見る

 

ノーティアム高崎店さん(@naughtiam_takasaki)がシェアした投稿

毎日使うジャケットやバッグなら月に1度を目安にレザー用クリーム(あるいはオイル)を塗ります。
時々しか使わないレザー小物であれば革表面がカサカサしてきた頃がタイミングです。

クリームをほんの少しずつ乾いた布に取り、素早く薄くレザー表面に塗りこんでいきます。
円を描くようにクルクル伸ばしていきましょう。

初めてクリームを使うときは、防水スプレー同様目立たない所に1度塗って、試してから使い始めましょう。

クリームを全体に塗ったら1時間以上陰干ししてクリームを革に馴染ませます。
最後に乾いた布で優しく吹き上げて完成です。

仕上げに防水スプレーをかけておきましょう。

簡単お手入れでレザー小物を長く愛用できる

レザーの小物は、安いものばかりではありません。
せっかく気に入って購入するのですから、長く愛用したいですよね。

毎日の簡単なお手入れで、お気に入りのレザー小物をより長く綺麗に使うことができますよ!

Posted by S&S