忙しい人に使ってほしい!エコで時短なシリコンスチーマーがすごい!

毎日の食事はできるだけバランスよく摂りたいものです。
でも、毎日手の込んだ料理をするのは大変ですね。
できるだけ時間を短縮して美味しい料理が作れたらいいと思いませんか?
そこでおすすめしたいのが、シリコンスチーマーの活用です。

シリコンスチーマーの特徴と使い方

シリコンスチーマーは、その名の通りシリコンでできた調理用容器のことです。
近年、日本の若い女性を中心に人気が高まっているキッチングッズの一つとなっています。
シリコンスチーマーの特徴は、電子レンジを使って調理するということです。
野菜を蒸す、パスタを茹でる、ご飯を炊くといった調理にも使えます。
大量のお湯を沸かしたり火加減を調節したりする必要がなく、電子レンジに入れて加熱すれば放っておいても料理が完成する優れモノとして話題になっているのです。

シリコンスチーマーの使い方は、基本的に「具材を適度な大きさに切って容器に入れ、レンジで加熱する」だけです。
煮物や蒸し物も簡単にでき、固い根菜類も短時間で柔らかく調理できます。
シリコンスチーマーは調理後そのまま食器としても使えるため洗い物が少なく、繰り返し使えるので環境に優しいという点も魅力です。

シリコンスチーマーでこんな料理も作れる!

シリコンスチーマーでできるのは「具材を蒸す」だけだと思っている人が多いようです。
しかし、実はいろいろな使い方ができます。
例えば、角切りにした野菜とソーセージ、コンソメを入れて蒸せば手軽にラタトゥイユが作れます。
パスタと玉ねぎ、ひき肉を入れてトマト缶と調味料を加え加熱すれば、ミートソースパスタの完成です。

もちろん、洋食だけでなく中華料理や和食にもシリコンスチーマーが活躍します。
お好みの具材と溶き卵、ご飯にごま油と料理酒、塩、コショウを入れて加熱すれば火を使わないチャーハンができます。
和食の定番である肉じゃがやブリ大根、豚しゃぶといったメニューもシリコンスチーマーで簡単に作ることができるのです。

さまざまな種類があるシリコンスチーマー

ひとくちにシリコンスチーマーといっても、形状や性質はいろいろです。
深さのあるシリコンスチーマーは、蒸し野菜や煮物料理など水分の多いメニューに向いています。
平らで横に長いタイプは、魚料理や水気の少ない料理を作るときにおすすめです。
パスタを茹でるのに使いたい場合は、角形で深さのあるシリコンスチーマーを選びましょう。

シリコンスチーマーはメーカによってフタの有無や耐熱温度、取り扱い方法などが異なります。
作りたい料理や生活スタイル、予算、電子レンジの大きさに応じて自分好みのシリコンスチーマーを探してみてくださいね。

Posted by S&S