万年筆の人気が復活の兆し!万年筆の魅力とは?

万年筆の人気が復活の兆し!万年筆の魅力とは?

たくさんある筆記用具の中でも、万年筆はどこか大人っぽくって、少し特別な感じがします。
なんだか面倒くさそうで、一度も使ったことがないという人も多いかもしれません。

そんな万年筆ですが、近年その実用性やファッション性が再び注目されて、若い人でも使う人が増えてきているそうです。
今回は万年筆の選び方やその魅力をご紹介します!

万年筆ってどんな筆記用具なの?

万年筆は、軸の中にインクを入れて、ペン先から出てきたインクを使って文字を書く筆記具です。
ボールペンだと、同じ太さの文字しか書けませんが、万年筆で文字を書くと、筆圧のかけ方で文字の太さや表情が変わるのが特徴。

使い続けていくと、ペンがどんどん自分の書き癖に馴染んで、やがて手放せない一品となります。

ペン先の素材で選ぼう

万年筆のペン先には、金やステンレスなどの素材が使用されています。

金のペン先は高価ですが、腐食に強くて柔らかいのが特徴です。
使えば使うほど、自分の書き癖に合わせてペン先が形を変えていき、書き味がよくなっていきます。

ステンレスのペン先は、リーズナブルに購入できることで人気です。
金に比べるとカリカリとした堅い感触がして、極細ボールペンと似た書き心地。
普段ボールペンで文字を書くことになれている人の、初めての万年筆におすすすめです。

インクの充填方式で選ぼう

万年筆のインクの充填方式には、吸入式・カートリッジ式・コンバーター式の3種類があります。

インクボトルからピストン方式で直接インクを吸い上げる吸入式は、万年筆らしさを感じられる充填方法ですが、少々手間です。
カートリッジ式は、万年筆の軸の中に、カートリッジをカチッと取り付けるだけなので、手軽で人気。
インクと比べると割高になるのが難点です。

コンバーター式は、インクボトルとカートリッジの両方が使えます。
外出中に充填したインクがなくなった時などに、カートリッジが使えるので便利です。

自分のライフスタイルに合ったタイプを、選んでみてください。

一生モノの筆記具を育てよう!

インクがなくなったらあとは捨てるだけのボールペンと違い、万年筆はその名の通り、長く使える筆記具です。
壊れたら捨てて、新しいものを買う使い捨ての時代に、万年筆が見直されてきているのは不思議な気がします。

万年筆の人気の秘密は、自分の好みにどんどん育てていけるところなのかもしれません。

Posted by S&S