お部屋で観葉植物を育てよう!特に育てやすい、おすすめの植物を3つご紹介

お部屋で観葉植物を育てよう!特に育てやすい、おすすめの植物を3つご紹介

お部屋がちょっとさみしいな…と思ったときには、観葉植物を置いてみるのをおすすめします。
無機質なものにあふれた部屋に、グリーンが一点加わるだけで、お部屋の雰囲気が急にイキイキし始めるから驚きです。
今回は観葉植物の中でも、特に育てやすい植物を3つご紹介しますので、ぜひお部屋にグリーンを取り入れてみてください。

棚から葉っぱを垂らすとおしゃれ!ポトス


観葉植物の代表と言っていいのが、ポトスではないでしょうか。
つる性の植物でとても丈夫なので、観葉植物を育てるのが初めての方にもおすすめです。
棚の上段など、ちょっと高い所に置いて、葉っぱが下に垂れてくるようにするとオシャレな雰囲気を楽しめます。
ポトスは長く伸びた枝を切って水につけとくと、根が出てくるので手軽に増やせるのも特徴です。
キッチンや洗面所などに小瓶を置いて、どんどん増やしてみてください。

ハートの葉っぱがかわいい!モンステラ

大きなハートの形をした葉っぱが印象的なモンステラも、人気の観葉植物です。
お部屋に置くと、ちょっとした南国気分が味わえます。
暖かい地方の出身ですが、大きな木の下などの木陰で育つ植物なので、日当たりがよくない室内でも元気に育つのが特徴です。
モンステラは湿度を好むため、ときどき霧吹きなどで葉っぱに水を吹きかけてあげると、元気にイキイキと育ちます。

乾燥に強い!留守がちな方におすすめのサンスベリア

サンスベリアは、まっすぐスラッと伸びた葉っぱが特徴の植物です。
空気清浄効果がある植物として、一時期とても人気がありました。
大きく育つと1メートルを超える高さになるサンスベリアは、モダンでスタイリッシュなお部屋にぴったりの観葉植物です。
サンスベリアには、乾燥にとても強いという特徴があり、1週間ほど水やりをしなくても枯れたりしません。
ついつい水やりを忘れがちのうっかりタイプの方や、出張などで部屋を留守にすることが多い方におすすめしたい観葉植物です。

観葉植物をお部屋で育てるときには、特性を確認しておこう

観葉植物はそれぞれ日当たりや水やりの好みがあるので、購入するときにはお世話の方法も確認してから選ぶようにしてください。
植物はペットなどの動物とは違いますが、少しずつ新芽が伸びるのを見ていると、生きていることを感じます。
お水をやるたびに話しかけたり、葉っぱに触ったりしていると、葉っぱのツヤもよくなってくるのが不思議です。
テラコッタの鉢や手編みのカゴ、スタイリッシュな陶器の鉢など、お部屋のインテリアに合わせた鉢選びも楽しいですよ。
お部屋をフレッシュな空間に変える観葉植物を、ぜひ育ててみてください。

Posted by S&S