マスクをしたらメガネが曇る!メガネの曇り止めアイテムをご紹介

マスクをしたらメガネが曇る!メガネの曇り止めアイテムをご紹介

マスクをするとメガネが曇ってしまうことに、お困りではないでしょうか?
感染症の拡散防止や予防のために、季節に関係なくマスクをする機会が増えていますが、メガネをかけている人にとってはメガネの曇りは悩みの種です。
メガネを何度も外して拭くのもめんどくさいけど、曇って見えないのも困ってしまう…。
今回はそんなときに役立つ、メガネの曇り止めアイテムをご紹介します。

クロスタイプは手軽で便利!

手間を掛けずに曇り止め効果を期待するなら、クロスタイプのメガネ拭きがおすすめです。
普段メガネのお手入れをするときと同じように、曇り止めのシートでレンズを拭くだけで、曇り止め効果を発揮します。
不織布などで作られた使い捨てのタイプと、何度も繰り返し使える布のタイプがあるのでお好みで選びましょう。
出先で困ったときにサッと使えるように、カバンに入れておくと便利ですよ!

スプレータイプは広範囲を一度で曇り止めできる!

スプレータイプの曇り止めは、メガネのレンズにスプレーで曇り止めを吹きつけます。
むらなく、そして隅々まで曇り止めできるのが、スプレータイプの特徴です。
スプレーで曇り止めを吹きつけたあとには、布でまんべんなく拭き取ります。
スプレータイムの欠点は、スプレーするときに周りに飛び散りやすいことと、使い終わったスプレー缶の処理が面倒なことでしょうか。
スプレーを使い終わったら、お住まいの自治体の処理方法に従って、ちゃんと処分してくださいね。

ジェルタイプは効果が長持ち!

メガネの曇り止めには、ジェルタイプもあります。
レンズにジェルを垂らして指などでうすく塗り広げると、曇り止めの効果を発揮します。
ジェルタイプの特徴は、なんといっても効果が長持ちすることでしょう。
一度しっかり塗っておくと、使っている環境にもよりますが、3〜4日ぐらい曇り止めの効果が続くようです。
何度もクロスやスプレーで曇り止めをするのが面倒だったら、ジェルタイプをおすすめします。

曇り止めをする前には汚れを落とそう

曇り止めの種類を紹介してきましたが、どの曇り止めも使う前にはメガネを水で洗って、レンズについたホコリなどを落としてから使うようにしてくださいね。
ホコリがついたまま曇り止めを使ってしまうと、ホコリでレンズをこすってしまい、細かい傷がついてしまうかもしれません。
何度も曇り止めをするのが面倒な方なら、いっそ曇り止め加工されたレンズに変えてしまうという手もあります。

メガネをしている人にとっては、マスクをするとメガネが曇ってしまうのは本当に困った問題です。
メガネもマスクも外せない、そんな場面が考えられる日には、前もって曇り止め対策をしておきましょう。

Posted by S&S