衣替えでいらなくなったTシャツはTシャツヤーンでリメイクがおすすめ!

衣替えでいらなくなったTシャツはTシャツヤーンでリメイクがおすすめ!

気温の変化がはっきりとしてくると、そろそろ衣替えの季節だと感じます。
衣替えと同時にプチ断捨離として、衣類の整理をを行う人も増えてきていますよね。
皆さんは、いらなくなってしまった洋服の処分をどうしていますか?

Tシャツや肌着は処分に困りがち


親せきや近所に譲る人、リサイクルショップに持っていく人、最近ではフリマアプリを利用して出品する人も多いのではないでしょうか。
状態の良いものなら再利用ができますが、シミができてしまっていたり生地が伸びてしまっていたりすると、引き取り手が見つからずに結局捨ててしまうことにもなりますよね。
特にTシャツや肌着なんかは、勿体ないけどごみ箱行きか雑巾か、といった所でしょう。

でも、ちょっと待ってください。
そのまま衣類としては使えなくても、素材として使うことはできるんです。
昔からキルティングなどのパッチワークに利用する人もいましたが、それだと布が大量に必要となる上にある程度の腕が必要になるという欠点がありました。
そこで今回提案したいのが、Tシャツヤーンとしてリサイクルする方法です。

Tシャツヤーンとは?


Tシャツヤーンをご存じでしょうか。
Tシャツを細くカットして作った編み糸のことで、使い方としては太い毛糸のようなものです。
太さにもよりますが、編み棒やかぎ針だけでなく、指だけでもザクザク編めるため、とっても編みやすいので初心者さんにも簡単にいろいろ作れてしまいます。
ズパゲッティとしても知られていますね。

手芸店や100均などでも売られていますが、いらなくなったTシャツをリメイクすることもできるんです。

とっても簡単!Tシャツヤーンの作り方

・Tシャツ(できれば伸縮性のあるもの)
・ハサミ
・定規

Tシャツの脇から上と、裾の重なっている部分(スリットが入っている部分も)を切り離し、筒状にします。
片側の折り目部分から、もう片側に向かって下から3cm程度の幅で切っていきましょう。
片側の端の部分は3センチほど切らずに残しておきます。
上まで切り終わったら、残しておいた方の布を、1段ずつ斜め上にずらすように切りましょう。
うっかり同じ段で切ってしまうと、ただの輪っかになってしまうので気を付けてくださいね。
最終的に1本の状態になったら、端っこから両手で持って左右にグーっと引っ張ると、布がクルクルと丸まってTシャツヤーンのできあがりです。
長袖の場合は、袖の部分も同じように作れますよ。

Tシャツヤーンの作り方がとってもわかりやすい動画です

あとは毛糸と同じように編むことができるので、コースターなどの雑貨から、シュシュやブレスレットなどのアクセサリー、ルームシューズやバッグといった実用品まで幅広く作ることが可能です。
1本1本が太いので指だけでも編みやすいので、子どもと一緒にいろいろ作るのも楽しいですね。
Tシャツヤーンに慣れてきたら、Yシャツやデニム生地なんかをリメイクすることもできるようになりますよ。
ぜひ、試してみてくださいね。

Posted by S&S