父の日にはお手入れいらずで長く楽しめるハーバリウムがおすすめ!

父の日にはお手入れいらずで長く楽しめるハーバリウムがおすすめ!

父の日は世界各国にあり、国によって制定されている日が違っています。
日本の父の日は、発祥の地であるアメリカに倣っているため、毎年6月の第3日曜日です。
長く親しまれている母の日に比べて、ちょっと影が薄い感じが拭えない父の日ですが、それでも近年は少しずつ盛り上がりを見せているようですね。
今回はそんな父の日に関する話題をお届けします。

そもそも父の日の始まりはいつ?由来は?


父の日誕生のきっかけを作ったのは、アメリカのソノラ・スマート・ドットという女性。
彼女が幼い頃に母親が過労で亡くなり、南北戦争から復員した父親が男手一つで子供たちを育て上げ、全員が成人したのを見届けた後に亡くなったそうです。
当時すでに母の日が祝われていたこともあり、父の日もあるべきだと考えたソノラは1909年に牧師協会へ嘆願します。
その願いが聞き届けられて、1910年6月19日にはスポケーンで父の日の祝典が行われました。
父の日が6月になった理由は、父親の誕生月が6月だったから。ちなみに、ソノラは6人兄弟の末っ子だったそうですよ。
1916年には第28代ウィルソン大統領が父の日の演説を行ったことで一般にも知られるように。
1966年には第36代ジョンソン大統領が6月の第3日曜日を父の日として定める、父の日を称賛する大統領告示を発しました。
アメリカで正式に国の記念日として制定されたのは、1972年のことです。

母の日と言えばカーネーション。父の日に贈るのは?


母の日にはカーネーションや紫陽花などのお花を贈るのが定番になっていますね。
父の日に贈る花と言えば、やはりバラでしょう。
こちらも由来はソノラさんだと言われています。
亡くなった父親のお墓に備えたのが白いバラだったことから、亡くなっていれば白いバラを、健在なら赤いバラを送るようになったとされています。
ただ、最近の日本では黄色いバラを贈ることも増えているようですよ。

父の日のプレゼントにおすすめなのはハーバリウム!

 

この投稿をInstagramで見る

 

フラワーランド花恋 ハーバリウム・プリザーブドフラワー部門(@kalen_prflower)がシェアした投稿

バラをそのまま贈るのも良いですが、ハーバリウムでプレゼントするのもおすすめですよ。
ハーバリウムというのは、ビンの中にプリザーブドフラワーやドライフラワーをオイル漬けの状態で保存したものです。

生花の手入れは手がかかる上に、時間が経つと枯れてしまいます。
もちろんしばらく飾ってからドライフラワーに加工して、さらにハーバリウムにすることも可能です。
せっかく贈るのですから大切にして欲しいですが、忙しいことの多いお父さんたちにそんな要求をするのは、さすがに気が引けてしまいますよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Atelier nonoka(@nonoka1821)がシェアした投稿

だったら最初っから、そのままの状態で長期間楽しめて、掃除や手入れもほとんど必要ないハーバリウムはいかがですか?
通販でも手に入るほか、街のお花屋さんや手芸屋さんでのワークショップなどで自作することもできますよ。
バラだけでなく、イメージに合わせて色々な花を贈ってみるのもおすすめです。
なんなら、中身だけちょっとずつ違うものにして、家族で一ビンずつおそろいにしても良いかもしれませんね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

豊田市*Bel espace_maki(@belespace_maki)がシェアした投稿

Posted by S&S