意外とかわいい?子供用ハーネスが安全&便利!

意外とかわいい?子供用ハーネスが安全&便利!
小さな子供を育てていると、急に手を振りほどいて飛び出したり、いきなり走り出す姿にヒヤヒヤした経験があるお母さんも多いかと思います。
そんなときにおすすめなのが「子供用ハーネス」です。

この記事では、子供用ハーネスのメリットとデメリットをご紹介します。
「本当にうちの子に必要なの?」と悩んでいるお母さんは要チェックです。

子供用ハーネスのメリット

子供用ハーネスを使用する最大のメリットは「安全」です。

小さな子供は、集中力がありません。
どんなに車に気を付けていても、急にちょうちょが気になったり、落ちているゴミが気になったりして道路に飛び出してしまうことがあります。
厚生労働省が発表したデータの中には、1歳~4歳の子どもの3人に1人は、交通事故で亡くなっているというデータもあるほどです。

「ずっと手を繋いでいるから大丈夫」というお母さんもいるかもしれません。
しかし、一瞬も気を抜かず常に力を込めているわけではありませんよね。
ちょっとスマホで時間を見た瞬間、自動販売機でジュースを買おうとした瞬間、子供に強い力で手を振りほどかれた経験はありませんか?そんな時もハーネスを付けていれば最悪の事態を回避することができます。

子供用ハーネスのデメリット

子供用ハーネスの使用については「駅前など交通量が多い場所でも安心して外を歩ける」という声もある一方、「犬みたいでかわいそう」「親がしっかりと手を繋げばいいのに」と言う声もある賛否両論。

お母さんたちからすれば「そんなことを言ったって…」という想いもあるでしょう。
子供たちはいつでも元気いっぱいで自由ですし、ずっと手を繋いでいてくれるわけでもありません。

さて、子供用ハーネスを使用するデメリットとして「周囲の人の理解を得られない」場合があります。
安全のためのとはいえ、どうしても人の視線や声が気になってしま場合は、使用しない方が良いかもしれません。

かわいいデザインもたくさん

「ハーネス」というと犬につける紐のようなイメージが強いですが、子供用ハーネスはかわいいデザインもたくさん発売されています。
一見ハーネスに見えない商品も多く、人目が気になる人はリュックタイプの子供用ハーネスを選んでみてはいかがでしょうか。

この投稿をInstagramで見る

アカチャンホンポ。 さんざん、迷っていたあげく、購入。 保育園の帰り道、 ベビーカーからうまくすり抜け、走り出す……。 特に金曜日は1週間の使った毛布と ベビーカーを片手に徒歩20分。 走り出す息子くんをつかまえるのになかなか……。 子供用ハーネスは犬じゃないんだから❗️ ずっと、拒否してました。 犬を飼っている70歳ぐらいの男性お隣さんに先日、 『犬だってつけてるのにつけないのー❓』っと。 普通に大真面目に聞かれて。 躾している犬だってつけてるのに、 まだ躾されてない子供は付けるべき的なことを言われ。 なんだか、迷ってるのがバカらしく🤣 そうそう、同じマンションの70歳ぐらい❓のマダムにも歩き始めた時、『つけた方がいいわよー』っと言われ。 『事故に遭ったら遅いわよ』っと。 迷ってるということや、親、失格な気がすると言うと… 『人の目なんて関係ないわよ。命よ』っと。 そんなにウチの息子くん、走りまくってるのか❓ 『これからもっと危ないのよ』っと。 『孫がつけてるけど便利よー』って。 ここら辺の人たちって、付けるの普通なのかしら❓ 理解しまくりなんだよねぇ。 で、皆様のご親切なアドバイスに従うことに。 ご高齢な方々の助言は特に聞いた方がいいかな❓ ま、それもなーんか、言い訳のような💦 さて、さて、使う日が来るのか❓ ・ #迷子ひも付きリュック #迷子ひも #子供用ハーネス #アカチャンホンポ #男の子ママ #8月生まれ #2歳 #2歳2ヶ月 #成長日記 #KIDS #KIDSboy #2yearold #2year2months #aHealthyBoy

izuminnie(@izuminnie.0803)がシェアした投稿 –

なかには小さな子供にピッタリのかわいらしい羽根が映えたデザインや、子供用のリュックと一体型になっているアイテムも。
子供の好みに合わせて選ぶことができるので、嫌がらずに装着してくれます。

また、リュックタイプのハーネスは子供の「自分で持ちたい!」という気持ちも満足させてくれますよ。

子供用ハーネスは便利!正しく使用しましょう

子供用ハーネスは、手を繋ぐのが嫌いな子や、好奇心旺盛で落ち着きがない子を持つお母さんも大助かりの子育てアイテムです。
しかし、使い方がとても大切です。

子供用ハーネスは、犬のリードの様に紐だけを持ったり、長く紐を伸ばしてウロウロさせたりして良いものではありません。
常に最低限の長さに調整して、紐だけではなく子供の手もしっかりと握りましょう。

紐を長くしすぎてしまうことで、他人の通行の妨げになり、自転車などに巻き込まれて事故になるケースもあります。

子供用ハーネスは万が一の時の「保険」です。
正しく使用してください。

Posted by S&S