ストレッチマットの素材を知って自分にあうものを選ぼう!

ここ数年で、筋トレやヨガの流行りが加速してきています。そんななか、自宅でもジムでも必要なのが、ストレッチマットです。

ジムだと貸し出しがありますが、自宅だと貸し出しなどはないので、自分で気に入ったものを購入しておきたいものですね。ジムに自分専用のストレッチマットを持ち込む人も増えてきています。

そこで、今回はそんな方にストレッチマットの解説をおこなっていきます。

ストレッチマットの選び方

ストレッチマットを選ぶとしても、価格で選ぶのか機能で選ぶのかによって予算もかわってきます
ストレッチマットは、いろんな素材、サイズ、おしゃれな物まであり、どのポイントを重視して選んだら良いのか迷うところですが、まずは、素材を中心に考えた方が良いと思います。
素材を知ると、価格に惑わされることなく、自分に合ったストレッチマットを選択することができると思います。

素材による違い

意外と素材の種類の多さにびっくりします。ストレッチマットの素材は一種類だけじゃないの?と思われている方も多く、この時点で意外性があります。

素材としては、PVC(ポリ塩化ビニル)、NBR(二トリルゴム)、PER(ポリマー環境樹脂)、TPE(熱可塑性エラストマー)、天然ゴム、マイクロファイバーなどが一般的な素材としてストレッチマットになっています。

それぞれの素材の特徴を説明します。

PVC(ポリ塩化ビニル)

もっともポピュラーな素材です。色の種類も多く値段もお手頃な物が多いので初心者向けとして販売されていることが多いです。ヨガなどを続けられるかどうか自信がない方が、お試しに購入するには良いと思います。

NBR(二トリルゴム)

耐久性が強く、弾力性にも優れています。また、耐久性もあり激しい擦れでも擦れにくいのも特徴です。実際にヨガなどでストレッチマットを使ってみて、使い勝手が分かってから購入する人が多い、中上級者向けの素材です。

PER(ポリマー環境樹脂)

PVCと同じような素材となりますが、特徴としては、マット特有の匂いが少なく、燃やした際にダ発生するダイオキシンの量が少ないので環境にやさしいので注目されています。
マットの匂いは、意外と気になるものです。匂いに敏感な方は選択の対象とするとよいでしょう。

TPE(熱可塑性エラストマー)

薄めでも弾力性を感じることができるのが特徴です。薄いと軽く持ち運びが楽ですね。こういうほんのちょっとの利点が、ヨガなどを続けてできるかどうかのポイントになる場合も多いです。またPERと一緒で燃やした際のダイオキシンの発生量が少ないことでも有名です。

天然ゴム

強度が強く滑りにくいのが特徴です。天然のゴムなので匂いが気になる方にはおすすめできません。弾力性や滑りにくさが高いのが特徴ですが、少し重たいのがデメリットになります。

マイクロファイバー

吸収性が高いのが特徴で、タオルのような素材です。弾力性や滑りにくさは他の素材と比べると劣ります。

まとめ

ストレッチマットの素材について解説してみましたが、いかがでしたでしょうか。
長く使いたい、自分にあったストレッチマットを選びたいと思っている方はまずは素材選びから始めることをおすすめします。

Posted by S&S