子供と一緒に花火をするとき役立つグッズ

子供と一緒に花火をするとき役立つグッズ
夏の風物詩といえば花火ですね。子供のいる家庭では、自宅で花火を楽しむという人も多いのではないでしょうか。しかし、小さい子供と一緒に花火をするときは、安全面や衛生面で気をつけなくてはいけないことが多くあります。そこで、子供と一緒に花火をするときにあると役立つおすすめのグッズを3選ご紹介します。

長袖の上着、長ズボン

夏に花火をするとき、大人も子供もついつい薄着で花火をしてしまいがちです。しかし、小さい子供は手持ち花火を上手く持てずにヤケドをしてしまう恐れがあります。そこで、子供と一緒に花火をするときは長袖の上着や長ズボンを着用することをおすすめします。万が一、火花が飛んでも直接肌に触れないので、ヤケドの心配が少なくなるのです。

ただし、サイズが大きすぎる上着やズボンは裾などを引きずってしまい、花火や着火用ろうそくの火が燃え移る恐れがあります。花火の時に着用する上着やズボンは、ちょうど良いサイズの物を選ぶようにしましょう。

バケツろうそく

その名の通りの「小さなバケツに入った着火用のろうそく」も花火の時のお役立ちグッズです。風のある日でも、バケツが風よけになってくれるのでろうそくの火が消えにくいというメリットがあります。また、市販の花火セットに付属しているろうそくは小さいので、すぐに燃え尽きてしまいがちです。花火の途中で着火用ろうそくが燃え尽きてしまっても、バケツろうそくがあれば安心です。

市販のバケツろうそくは5~6時間ほど使用できるものが主流です。一つ買っておけばワンシーズンは持つと考えられるので、夏が始まる前に購入しておくことをおすすめします。

ハンディライト

花火をするときは周囲が暗いほどいいですよね。暗い中で色とりどりに輝く花火の美しさは、夏ならではの光景だといえます。しかし、意外と忘れがちなのが花火を始めるときと片付けるときの光源です。特に、花火の後片付け時は光源がないと、ゴミが散らかったままになってしまったり、燃え残りに気づけず火災の危険もあります。

そこで役立つのが、コンパクトサイズで持ち運びしやすいハンディライトです。ポケットにすっぽり入るサイズのライトなら、花火をしている間も邪魔になりません。2,000円ほどから購入でき、アウトドアや災害時にも役立つグッズなので、常備しておくと良さそうですね!

Posted by S&S