ピンクがあふれる女の子の節句「ひな祭り」!準備から後片付けまで

3月3日は「ひな祭り」、女の子の節句の日です。昔はこの日、紙で作った人形に1年の汚れを託して、川に流してお祓いをしていたそうです。
この人形が、後に「ひな人形」となって、女の子の健やかな成長を願うひな祭りの日に飾られるようになったと言われています。
日本での、ひな祭りの準備の仕方やひな人形の種類には、どういったものがあるのでしょうか?

ひな祭りの準備

 

この投稿をInstagramで見る

 

大西人形本店|Yoshihiko Onishi(@onishi_doll)がシェアした投稿

ひな祭りの準備は、おひな様の飾りつけから始まります。
おひな様は立春のころから、2月の中旬ごろに出すのがよいとされています。
2月3日の節分で、邪気を払ったあとに飾るというタイミングになります。
どんなに遅くともひな祭りの1週間前までには飾りつけをすませましょう

ひな人形の種類

 

この投稿をInstagramで見る

 

人形工房ふらここ-雛人形 五月人形-(@furacoco_official)がシェアした投稿

伝統的には7段飾りで15人のお人形が並ぶひな飾り
見た目も豪華で華やかですが、マンション暮らしの世帯も増えてスペースの関係からか、お内裏様とおひな様の一対だけのセットを選ぶご家庭が増えているようです。
ご両親が買い求めるより、祖父母の方が女のお孫さんのために、初めてのひな祭りを迎える年にプレゼントすることも多いようですね。

また最近では、伝統的なひな人形ではなく、タペストリーになっていたり、ちょこんと手のひらに乗るサイズになっていたり、さまざまなひな人形があります。
スペースの問題はもちろん、お家の雰囲気に合わせて選ぶ楽しさもあるようです。

ひな祭りのお料理

 

この投稿をInstagramで見る

 

ayumi(@aymswmr)がシェアした投稿


ひな祭りの日には、ちらし寿司に蛤(はまぐり)のお吸い物、そして甘酒を頂くのが定番。
その他には女の子の節句らしく、華やかでカラフルなお料理を食卓に並べるご家庭が多いです。
ひな祭りは「桃の節句」とも言うこともあり、桃色、つまりピンク色の食材が好まれます。
女の子がわいわい集まってパーティーをしたり、また家族で華やかな食事を囲んだりしてお祝いします。

ひな祭りが終わったら

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぷりふあ人形(@preferningyo)がシェアした投稿


ひな祭りが終わったら、できるだけ早くひな人形を片付けるほうが良いと言われています。
これは片づけるのが遅くなると、「お嫁に行くのが遅くなる」という古い言い伝えがあるから。
これはあくまでも俗説なので信憑性は全くありません。

「お節句が過ぎたのに、いつまでも出しっぱなしにしているのはだらしないですよ!そんな風にだらしないと、お嫁に行けませんよ!」…という警告のようなものでしょうか。
そう言われたら気になるというか、正直「おっしゃる通りです」と言う以外ありません。
必ずしも3月4日に片づけなければならないものではありませんが、なるべく早く片づけた方が、気が楽ですね。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

雛人形の工房ひな雛 / 五月人形の工房真(@kobo_hinahina)がシェアした投稿

私の実家にあるひな人形は、なんと母が手作りしてくれたもの。
当時和裁を習っていた母が、ひと針ひと針、心をこめて布を縫い、作ってくれたものです。
お内裏様とおひな様だけの、ささやかなひな人形。
娘である私がお嫁に行ってしまった後は、これでもう行き遅れる心配なしと思ったのか、ガラスケースに入れられて、なぜか一年中リビングルームに飾られています!

母と私の思い出がつまった大切なひな人形は、いつか女の子が生まれたら、今風に小さくアレンジしなおして、飾りたいなと思っています。
こうして親から子、子から孫へと伝わっていく日本の伝統行事、大切に残していきたいですね。

Posted by S&S