節分に行う豆まきってどんなもの?由来などを簡単に解説します


2月3日は節分の日ですね。
スーパーなどではお面付きの豆袋が売り出されたり、各地の神社やお寺で豆まきが行われたりと、イベントとして楽しむ日でもあります。
しかし、そもそも節分や豆まきがどんなものなのかは、意外と知らないものです。
今回はそんな節分の豆まきのことを、簡単に紹介しますね。

節分は年に4回ある?


もともと節分には季節を分けるという意味があり、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前の日を指しています
つまり年に4回あったわけですが、旧暦では新年の始まりが春だったため、立春の日が特に重要視されていました。
それにあわせて節分の日のことも、立春の前日を指すようになったようです。

豆まきの由来は?


豆まきは、「追儺」と「豆打ち」という、2つの行事が一つになったものです。
現在に伝わるような「豆まき」となったのは室町時代で、一般的に広まっていったのは江戸時代。
どちらも厄を払う性質が似ているため、次第にひとつの行事となっていったとされています。

追儺

もとは中国で行われていた儀式が日本に伝わって、平安時代には「追儺」という宮中行事として行われていました。
これは桃の木や葦で作った弓矢などを使って、鬼を追い払うことで旧年の邪気も祓い、新年の無病息災を願う儀式です。

豆打ち

平安時代以降の風習である「方違え」、そのなかのひとつに「豆打ち」があります。
これは立春の前日に、翌年で最も縁起のいい方角に宿をとるというものです。
この風習は室町時代には簡略化され、家の中で縁起のいい方角にある部屋に豆をまいて清めながら、その部屋に移るといったものになりました。

豆まきに使うのはどんな豆?


豆まきの際に基本的に使われるのは、「炒った大豆」です。
古来からの考えのひとつに、穀物や果実には霊力が宿り、邪気を払う力があるとされていました。
大豆は五穀の中でも穀霊が宿るとされ、神事に用いられることもあるのです。
ほかにも、鬼の目である「魔目」に「豆」をぶつけて「魔滅」する、という語呂合わせが含まれているとも。
炒ってから使うのは、まいた後に豆から芽が出ると、「魔芽」につながり縁起が悪いためです
豆をまく時間は、鬼がうごめき出す夜になってから行うのが、最もよいとされます。

ちなみに、豆まきが終わった後には自分の年齢を基準として豆を食べますが、この数え方が違ったり、そもそも豆をまく際の掛け声が違ったりもします。
通常は「鬼は外、福は内」といいますが、鬼を祀っている地域は「鬼は内」というそうですよ。
苗字に「鬼」の字が入っているからと、この掛け声を取り入れている家庭もあるのだとか。

おわりに

豆まきについてザックリと紹介しましたが、古くからある風習のため、地方によって細かい部分が違ってきたりもします。
もし興味が出てきたら、各地で行われる豆まきイベントなどに参加してみるのも、けっこう楽しいと思いますよ。

Posted by S&S