ひな祭りの由来とは?なぜ3月に桃なのか、その理由も紹介します!


3月3日はひな祭りの日です。
女の子がいる家庭では雛人形を飾ったり、ちょっとしたごちそうを食べたりしてお祝いをする日でもあります。
大きいものでは7段飾りという豪華なものもありますが、最近の都市住宅街ではあまりスペースが確保できないこともあって、1段だけということも多いようですね。
日本ではすっかり定着しているひな祭りですが、もともとは中国から伝わった風習だったことはご存じですか?

ひな祭りの原型は邪気払い

ひな祭りの起源は、古代中国の「上巳節」だと言われています。
3月の最初の巳の日のことを指していましたが、次第に3日で固定されました。

ちょうど季節の変わり目と重なるので、邪気も入りやすいとされ、水辺で手足を洗って厄を落とす風習があったそうです。
これが遣唐使によって伝えられることで、日本でも宮中行事のひとつとして取り入れられるようになりました。

紙や草で作った「ヒトガタ」に穢れを移したのち、川や海などへ流すことで厄払いをしたのが「流しびな」です。
現在でも「流しびな」を行う風習が残っている地域がありますね。

現在でも行われている流しびなです。

インスタでも紹介されていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

もちがせ週末住人(@mochigasegram)がシェアした投稿

雛人形を飾るようになったのは江戸時代から

平安時代ごろから、上流階級の女の子の間で、人形遊びが盛んになります。
このままごと遊びを「ひいな遊び」とも呼び、「流しびな」と結びついていく過程で「ヒトガタ」がだんだんと華やかになっていったとされています。

この風習が武家社会でも行われるようになると、男の子の節句が5月5日にあるのに対して、3月3日が女の子の節句として定着したのです。

今のようなひな祭りの形になったのは、五節句として定められた江戸時代以降です。
時代とともに技術も向上し、作られる人形もより高価に華やかになっていったため、流してしまうのではなく、飾って楽しむものに変化していきました。
一般でも広く親しまれるようになったのは、江戸中期ごろからだと言われています。

なぜ3月に桃の節句なの?

3月3日がなぜ桃の節句といわれるのか、それは旧暦を使用していた名残です。
そもそも節句というのは、季節の節目を指しています。
奇数が重なることで悪いことが起こると考えられていたため、その季節の旬である植物からあふれる生命力を使って、邪気を払っていたのです。

旧暦だと今の暦よりも、だいたい1月ほど遅くなるために、ちょうど桃の花が咲き誇る季節でした。
今でも旧暦にあわせて、4月にひな祭りを行う地域が残っています。

また、桃には邪気を払う力が宿るとされ、神聖な木とされていたことも理由のひとつです。
日本昔話で、邪気をあらわす鬼を退治するのが「桃」太郎、というのもここからきています。
また、百年・百歳を「ももとせ」ともいうことから、無病息災や不老長寿の意味合いも含んでいるのです。

まとめ

もともとは邪気払い・厄払いの意味があった雛人形ですが、時代の流れと共にだんだんと飾りやお祝いとしての役割が多くなってきました。
実際にお家に飾らなくとも、技巧が凝らされた雛飾りは眺めるだけでも楽しいものです。
地方によって飾り方や、祝い方にも差があるので、これを機会に色々見てみてはいかがでしょうか。

最後に少しだけ、雛飾りの動画と画像を紹介しますね。

動画

お店だけあって、力を入れて飾り立てています。

圧倒される美しさですね。

折り紙で作るお雛様も可愛いですよ。

お子さんでも簡単に作れて、テーブルなどに飾れるのでおすすめです。

画像

バラエティ豊かな雛飾りです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@sapphire_blue__がシェアした投稿


それぞれ個性があって見飽きませんね。

神社のお祭りで飾られています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

服部秀一(@digital.inst)がシェアした投稿


なかなかの迫力。ぜひこの目でも見てみたいものです。

Posted by S&S