バレンタインデーの由来や起源ってなに?始まりはいつ頃?


2月14日はバレンタインデーです。
日本ではチョコレート商戦が激しくなる時期として定着していますね。
ですがふと疑問に思いました。
バレンタインデーはお祭り感覚で楽しむことも多いですが、元々はどんな日だったんでしょうか。
由来は?起源は?ちょっと気になったので、少し調べてみました。

地域をあげたお見合い祭り!?「ルペルカリア祭」とは?


バレンタインデーの起源のひとつとされているのが、「ルペルカリア祭」です。
ローマ帝国時代において、2月14日はユーノーの祝日。
そして翌日には「ルペルカリア祭」という、豊穣を祈るお祭りが行われていました。
ユーノーはローマ神話に登場する神々の一人で、女性の結婚や出産を司どる女神です。

2月14日に桶の中へ女性が名前を書いた札を入れておき、15日に男性が1枚札を引きます。
お祭りが開催されている間は、お互いをパートナーとして過ごすことに。
多くのカップルはそのまま恋に落ち、結婚したのだとか。
今でいう合コンやお見合いのような感じだったみたいですね。

名前の由来にもなっている伝説の「バレンタイン司祭」とは?


3世紀ごろのローマ帝国皇帝のクラウディス二世は、軍隊の質を向上するために、若い兵士たちの結婚を禁止。
彼らが戦場に立ちたがらない理由が、家族や恋人を故郷に残しているせいだとしたからです。

キリスト教の司祭であった「バレンタイン司祭」は、兵士たちを憐れんでこっそりと結婚式を執り行っていました。
これが皇帝の怒りを買って、投獄されることに。

監獄に捕らわれている間、看守であった盲目の娘にもキリストの教えを説き続けます。
親しく付き合うようになった娘のために祈りを捧げていたところ、奇跡的に目が見えるようになり、感激した彼女の家族もキリスト教に改宗したそうです。

この出来事がさらに皇帝を激怒させてしまい、「ルペルカリア祭」に捧げる生贄として処刑されてしまいました。

なお、

・結婚を取り持ったカップルに、自宅の庭の花を摘んで贈った
・処刑前に看守の娘宛に送った手紙には「あなたのバレンタインより」と書かれていた

「バレンタイン司祭」が行ったとされるこの逸話が、欧米でのバレンタインの習慣につながっているそうですね。

「愛の守護聖人」にも実は諸説あり?


「バレンタイン司教」が生きていた当時は、厳しい弾圧を受けていたキリスト教ですが、のちの時代には公認されるようになります。
司教の死後、約200年たった496年には逆に「ルペルカリア祭」が禁止されるように!
宗教の変化は伝統あるお祭りにも影響があるんですね。

「バレンタイン司祭」は殉教者として「愛の守護聖人」と呼ばれ敬愛の対象になりました。
処刑された2月14日を、「聖バレンタインデー」として感謝を捧げるようになったというのが有力な説です。

そう、あくまでも有力な説でしかないのが、ちょっと悔しいところですね。
実はバレンタインデーについて、明確な史実が伝わっていないのです。
大昔のことである上に、当時の宗教関係などが関わっているため、様々な解釈があります。
「バレンタイン司教」という人物も、出身地や所属などに複数の説が存在するのです。
日本でも信長公記など、歴史に様々な説があるのと一緒ですね。

まとめ

今となっては、キリスト教徒であるなしに関わらず、愛や感謝を伝える日として広まっています。
日本では女性がチョコレートを贈ることが一般的ですが、そのチョコレートにもまた様々な形があるようです。
最近では欧米のように男性からプレゼントを贈るケースも、少しづつ増えているそう。
愛や感謝を伝える日なら、お互い大切な人に贈り合うのもいいものですよね。

Posted by S&S