日本を代表する春の行事「お花見」はインドアで楽しむのがトレンド!

日本で春の行事といえば「お花見」です。
満開の桜の下で親しい仲間たちと一緒に過ごす時間は、日本の春ならではの特別なひとときだといえます。
お花見というと公園など屋外で楽しむものというイメージが強いですが、近年はインドアで行う人が増えているのです。

今人気のインドアお花見とはどんなもの?

今人気のインドアお花見は、飲食店やイベントスペースを借りてするお花見です。
桜の花はイベントスペースに飾り付けられている場合と、自分たちで飾る場合があります。
インドア花見用のプランを設定しているイベントスペースでは、春先になると室内をお花見仕様にしてスペースを提供しています。

また、少人数でインドアお花見を楽しみたいなら、自宅をお花見仕様にするという方法もあります。
生花店で桜の花を購入するか、造花や桜の花に見立てた紙の飾りなどを使い、自宅でインドアお花見を楽しむスタイルです。
トイレやゴミの持ち帰りといった心配もなく、家に居ながらのんびりとお花見を楽します。

インドアお花見のメリット

通常のお花見では、桜の開花時期や天候によってスケジュールが左右されるという難点がありました。
しかし、インドアお花見の場合は天候を気にせず予定通りの日程でお花見を楽しむことができるというメリットがあります。
早朝からの場所取りや重たい飲食物の買出しをしなくて済むという良さもあります。

さらに、屋外のお花見では参加人数が多くなるほど日程調整や場所の確保が難しくなりますが、インドアお花見ならその心配も無用です。
人数に合わせてお花見場所を設定すれば良く、飲食店などを利用すると費用の分担がわかりやすいので金銭トラブルになりにくいといえます。

日本伝統の春の行事をいろいろな方法で楽しもう!

お花見は古くから多くの人に愛されてきた、日本の伝統的な行事です。
近年は環境整備や騒音トラブルなどにより、お花見を楽しめる場所が限られてきています。
そこで、伝統を受け継ぎながらも場所や時間にとらわれず楽しめるインドアお花見の人気が高まっているのです。

2020年のお花見は、本物の桜とインドアお花見の2回楽しむというのも良さそうですね。
インドアお花見には決まったやり方などはなく、人それぞれに自由な楽しみ方ができます。
お好みや見たい桜の風景に合わせて、ぜひ自分だけのインドアお花見を企画してみてはいかがでしょうか。

Posted by S&S