小学校の卒業式は何を着る?イマドキの小学校卒業式事情

小学校の卒業式は何を着る?イマドキの小学校卒業式事情
3月半ばから後半にかけては、全国で小学校の卒業式が行われます。
そこで多くの親御さんの頭を悩ませるのが、「卒業式に子供にどんな服装をさせるか」です。
今回は、2020年の小学生の卒業式事情についてご紹介します。

女子は「袴」が大人気!

小学校の卒業式は、6年間という長い時間を過ごした小学校から巣立つための特別なセレモニーです。
入学時より体も心も大きく成長した子供たちの晴れ姿は、親にとっても感慨深いものですね。
卒業式は式典なので、服装にもある程度のルールが設けられることがほとんどです。
例えば、「ジーンズは着用しない」「上は襟の付いたものを着る」などがあります。
近年、卒業式における女子の服装で人気が高まっているのが「袴」です。
一昔前までは専門学校や大学の卒業式で着用されることの多かった袴ですが、最近は小学校の卒業式で着るケースが増えています。
着脱しやすい簡易袴や低価格でレンタルできる貸し袴などが増えてきたことが要因と考えられます。

ただし、普段和服を着慣れていない子供には着用のハードルが高いという一面もあります。
着崩れしてしまったり、トイレに行くのが大変だったりという難点があるからです。
卒業式では1~2時間ほど座っていなくてはいけません。
着慣れない袴で体調を崩してしまうケースもあります。
もし小学校の卒業式で袴の着用を考えている場合は、卒業式前に着慣れるよう何度か着てみる、着崩れしたときの対応を考えておくなど親の準備をしっかりとしておくようにしましょう。

男子はブレザースタイルが定番!

小学6年生男子の中には大人と変わらないくらいの体格の子供もいます。
一方で、まだまだ小柄な子も多く、成長の速さは個人差の大きい時期です。
「すぐ着られなくなるからもったいない」ということで、卒業式用の服装は専門業者からレンタルしたり知り合いから借りたりして済ませるご家庭も少なくありません。
そんな小学生男子の卒業式スタイルは、ブレザー+パンツが定番です。

ある程度動きやすく、かっちりした印象もありながら、ブレザーもパンツも単品で着回せるものを選ぶ親御さんが主流となっています。
ワイシャツにセーターやカーディガンを重ねるスタイルも人気です。

集合写真で埋もれない!個性派スタイルも人気!

卒業式では女子も男子もみんなが似たような服装になります。
集合写真を撮ると、「うちの子はどこ?」なんてことになるのも珍しくないのです。
そこで、子供に他の子と区別できる個性的な服装をさせるご家庭もあるようです。
例えば、女子ではワンピーススタイルが挙げられます。
フォーマルワンピースなら式典にふさわしい一方で他の子供と見分けやすくなり一石二鳥です。

男子では、紋付袴を選ぶというのも一つの手です。
伝統的な装いで、他の子とかぶる心配もありません。
スタイリッシュに決めたいなら、スーツセットがおすすめです。ブランドもののスーツで少し大人な装いをすれば、卒業式の特別感も高まります。

中学・高校の卒業式は制服で出席するところがほとんどのため、好きな服装を選べるのは小学校の卒業式ならではです。
6年間の成長の区切りには、お好みのスタイルで晴れの日を迎えてみませんか?
ただし、卒業式の服装は親の意向だけでなく、子供にも「どんな服装をしたいか」を聞いてみることが大切です。
卒業はまだというお子さんも、「卒業する時にはこんな服装をしたいな」というイメージを膨らませておきましょう。
一生に一度しかない小学校の卒業式、思い出に残る素敵なスタイルで過ごしてくださいね。

Posted by S&S