端午の節句に飾る「こいのぼり」に込められた願いを解説します!

端午の節句に飾る「こいのぼり」に込められた願いを解説します!

5月5日といえば「端午の節句」。お店にはちまきや柏餅が並び、さまざまな場所で五月人形やこいのぼりが飾られます。
習慣としてお祝いはしているけれど、どんなお祝いなのか詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、端午の節句の概要と合わせて、節句かありの一つである「こいのぼり」について詳しく解説していきます。

端午の節句とは


端午の節句とは、江戸時代の頃から武家で行われた男の子の節句です。
跡継ぎとして生まれた男の子が無事に成長するように祈りを込めて行われました。
こどもの日に兜や弓、鎧を飾るのは武家社会の名残です。

現代では「こどもの日」として親しまれており、家族で柏餅やちまきを食べながらお祝いをします。

「こいのぼり」は庶民の飾り


端午の節句の飾りといえば、兜や鎧以外に「こいのぼり」があります。

こいのぼりは、江戸時代頃に町民の間で生まれた端午の節句の飾りつけです。
「滝を乗り越え竜門を登った鯉は竜になれる」という中国のことわざにあやかって子供の立身出世を願って飾りました。
劣悪な環境でも元気に生きる鯉の生命力に「元気に育ってほしい」という親の願いも込められていたのでしょう。

こいのぼりの「吹き流し」に込められた大切な願い


こいのぼりの一番上段には筒状の「吹き流し」と呼ばれる飾りがあります。
実はこいのぼりよりも早い時代から飾られてきた節句飾りで、魔よけの意味をもちます。

吹き流しは「青・赤・黄・白・黒」などの5色で構成されており、これは中国の「五行思想」に由来しています。
五行思想とは、「万物は火・水・木・金・土の5つの元素からなり、互いに影響し合っている」という考え方です。
この五行思想は陰陽道における五芒星にも通じており、5つの元素が子供を守ってくれるようにという願いが込められています。

こいのぼりの色の意味


一般的にこいのぼりは「黒・赤・青」の3匹が飾られます。
最近では子供の個性や次男・三男に配慮してか緑色やオレンジ色、ピンク色など多くのカラーバリエーションが登場していますが、もともとは黒の真鯉は父親、赤の緋鯉は母親、青の鯉は子供らを表しています。

ちなみに、現代ではお母さんの鯉として扱われている緋鯉ですが、かつては子供たちを表す鯉でした。童謡「こいのぼり」にも「ちいさいひごいは こどもたち」という歌詞があります。
緋鯉がお母さんの鯉になったのは、昭和に入ってからのことです。

自由な色づかいが魅力的な現代のこいのぼり

端午の節句が近づくと、小学校の校庭や一般家庭のベランダ、町の一角などさまざまな場所でこいのぼりが飾られます。
カラフルな鯉が大空を泳ぐ姿を見ていると、時代が変わっても親が子供の健やかに成長してほしいという願いは変わらないことを感じますね。

Posted by S&S