ゴールデンウイークにおすすめ!日本国内旅行スポット4選

ゴールデンウイークにおすすめ!日本国内旅行スポット4選

日本のゴールデンウイークは気候も快適で、さまざまな春の花や食べ物が楽しめる季節です。
散歩はもちろん観光にもぴったりの季節に日本を旅行してみませんか?ゆっくり歩いてみたら新しい日本を発見できるかもしれません。
今回は、ゴールデンウイークに行きたいおすすめの日本旅行スポットをご紹介します。

福岡県北九州市「河内藤園」

https://www.instagram.com/p/BxSHcPmAFY3/

河内藤園は、平成24年に「実在する世界の美しい場所10」に、さらに平成27年には米ニュースサイトの「日本の最も美しい場所31選」にも選ばれた、世界で注目されている美しい景色が楽しめるスポットです。
国内外から多くの見物客が訪れるため、繁忙期にはあらかじめ事前チケットを購入する必要があるほどの人気です。

一番の見どころは入場にしてすぐに目に入る藤の花のトンネルです。
藤の花で彩られた紫色のグラデーションは圧巻の一言。
つい見とれて足を止めてしまう観光客が大勢います。

トンネルの奥に進むと、ドーム状に作られた藤棚に到着します。
どちらを向いても美しい藤が咲いており、心ゆくまで楽しめるでしょう。

静岡県三島市「箱根西麓・三島大吊橋」

絶景の中、空中散歩をしている気分を味わえることから「三島スカイウォーク」とも呼ばれます。
400mの人道つり橋でその長さはなんと日本最長。どこを歩いても美しい景色が楽しめます。
天気の良い日には富士山も見ることができますよ。
吹き抜ける風が気持ちよく、本当に空を歩いているような気分になれます。

周辺にはカフェやレストラン、アクティビティもあるので、ファミリーでも楽しめるスポットです。
特に吊り橋の横に張ったワイヤーを滑り降りる「ジップライン」はスリル満点でおすすめです。

青森県弘前市「弘前城」

「ゴールデンウイークに桜は遅いんじゃない?」と思う人もいるかもしれません。
実は青森の桜は見ごろが遅く、およそゴールデンウイーク頃に迎えます。

弘前城がある弘前城公園は「日本三大夜桜」「日本三大桜の名所」の2つに指定される日本を代表する桜の名所です。
なかでも舞った花びらが外堀を埋める「外堀の花筏(はないかだ)」は近年注目されている桜スポット。
桜の花びらが外堀に落ち、まるで道のように桜色に染め上げます。

園内には52品種・約2600本の桜が植えられており、なかには現存する日本最古のソメイヨシノも存在します。
夜も昼も桜が楽しめる観光スポットです。

群馬県館林市「館林つつじ祭り」

View this post on Instagram

#館林つつじ祭り #つつじが岡公園

A post shared by さとP (@satopiii0530) on

「館林つつじ祭り」は、4月半ばからゴールデンウイークにかけて群馬県立つつじが岡公園で行われます。

ツツジは園内のいたるところに咲いており、歩きながら花を観賞できます。
約100品種10,000株のツツジがあり、なかには樹齢800年以上にもなるめずらしいツツジも。
つつじが岡公園でしか見られない品種もあります。

またお祭り開催中、周辺では伝統芸能の披露や大道芸なども行われます。
さまざまな催しが楽しめるのは嬉しいですね。

Posted by S&S