こどもの日に鯉のぼりを飾るのは何故?パーツの意味についても解説

こどもの日に鯉のぼりを飾るのは何故?パーツの意味についても解説

5月5日のこどもの日は男の子の成長を祝う端午の節句です。
始まりは江戸時代に徳川幕府の将軍がのぼりを立てて男の子の誕生をお祝いした事に由来します。
その習わしが武士、庶民へと広がって現代まで続いてきたのです。

こどもの日に飾る物の代表は鯉のぼりです。
最近ではマンションが増えたため大きな鯉のぼりを庭に立てる家庭は減ってしまいましたが、各地で鯉のぼりを飾るイベントや、小さな鯉のぼりをベランダに飾っている家庭はたくさんあります。
今回はなぜ鯉のぼりを飾るのかや、それぞれのパーツの意味について解説します。

鯉のぼりの鯉の意味は?

https://www.instagram.com/p/BwhQro9AGQp/

のぼりを立ててお祝いするのは分かりましたが、なぜたくさんある魚の中で鯉なのでしょうか?
実は鯉には立身出世という意味が込められています。
中国の伝説である登竜門が由来になっていて、「急流を登りきった鯉は竜になる」という逸話に基づいています。
鯉は昔から立身出世の象徴とされて親しまれてきました。
つまり、男の子が強くたくましく健康に成長し、立身出世できることを願って鯉のぼりを飾るのですね。

鯉のぼりの矢車の意味は?

https://www.instagram.com/p/BwLPq_pA04r/

鯉のぼりの一番上には矢車という金色の車輪のような物がついています。
風が吹くとカラカラと音が鳴る部分ですね。
丸くて回転する部分は天球と呼ばれ、神様が道に迷わずに降りてこられるように目印の役割をしています。
また、放射状に矢羽根を取り付けているのは「幸運を射止める」という意味と「邪気を破る」という意味が込められています。
とても縁起の良い意味を持っているのですね。

鯉のぼりの吹き流しの意味は?

https://www.instagram.com/p/B5QG-l6Apo-/

吹き流しとは鯉の上にあるカラフルな飾りです。
黒い鯉はお父さん、赤い鯉はお母さん、青や緑はこども達ですが、吹き流しにはどんな意味があるのでしょうか?
吹き流しの色は中国の陰陽五行が基になっています。
木・火・土・水・金の五行にはそれぞれ青・赤・黃・白・紫の色が割り当てられています。
この五色を「正色」といい、それぞれの色を星型に並べて陰陽の観点で見ると魔除けの意味になります。
吹き流しは男の子が無事に成長できるように祈る厄除け的な意味を持つのです。

まとめ

何気なく目にする鯉のぼりには、昔からの日本と中国の文化が組み合わさって生まれた様々な意味があるのですね。
また、鯉にも矢車にも吹き流しにも、きちんと意味があり、昔の人の想いが込められています。
こどもの健やかな成長を祈る気持ちは今も昔も国が変わっても同じなんですね。
端午の節句に鯉のぼりを見かけたら、しみじみした想いを馳せてみましょう。

Posted by S&S