花にまつわる「花言葉」って誰が決めたの?花言葉の起源と由来についてご紹介

花にまつわる「花言葉」って誰が決めたの?花言葉の起源と由来についてご紹介

今年も母の日が近づいてきましたね。
母の日には、カーネーションをプレゼントするのが風習です。
カーネーションの花言葉は「無垢で深い愛」で、特に赤いカーネーションには「母への愛」という意味があります。
しかしそもそも花言葉は、誰がどうやって決めたのでしょうか?
今回は花言葉の起源と由来についてご紹介します!

花言葉の起源はトルコ!「セラム」の習慣とは

花にまつわる花言葉は、トルコが起源という説が有力です。
トルコでは昔から、「花には神さまからのメッセージが宿っている」と考えられていました。
そして17世紀、トルコの首都イスタンブールで、自分の思いを花に込めて恋人に贈る「セラム」という風習が大流行したそうで、これが花言葉の起源と言われています。

花言葉の文化がヨーロッパに伝わったのは18世紀

イスタンブールで流行していた「セラム」の風習をヨーロッパに持ち込んだのは、メアリー・W・モンタギューという名の女性です。
18世紀、イスタンブールにはイギリスの大使館が置かれていました。
モンタギュー夫人はイギリスの大使館の大使夫人で、トルコで花を贈り合う「セラム」の風習がとても気に入り、イギリスの知り合いに紹介したそうです。
そして1819年には、フランスのシャルロット・ド・ラトゥールが「Le Langage des Fleurs(花の言葉)」という本を出版します。
この本が人気となり、フランスだけではなくヨーロッパに花言葉が伝わっていきました。

日本に花言葉が伝わったのは19世紀の終わりごろ

そんな花言葉が日本に伝わったのは、19世紀の終わりごろ、明治時代と言われています。
はじめのうちはヨーロッパから伝わった花言葉をそのまま使っていたようですが、やがて日本独自の意味がつけ加えられるようになりました。
その国によって花に持つイメージは異なるため、花言葉の意味もその国や文化に合わせて変わっていきます。
例えば私の好きな黄色い花は、明るく元気なイメージがありますが、あまりいい花言葉はありません。
これは昔からヨーロッパでは、黄色は「裏切り」や「嫉妬」を表す色とされているからと言われていますが、どんな花でも黄が好きな私には、ちょっと残念な気がします。

現在花言葉をつけているのは?

科学が進化し、花も毎年のように新しい品種が生み出され、花屋を賑やかに飾っています。
かつては夢と言われていた「青いバラ」も、遺伝子の組み換えによって2002年に誕生しました。
それまで青いバラの花言葉は、「不可能」だったそうですが、これにともない花言葉も「夢がかなう」に変更されたそうです。
このように現代の花言葉は、花業界が自由に決めているそうなので、いつか私の好きな黄色い花も、「元気」や「楽しい」などの明るい花言葉に変わるといいなと思います。

Posted by S&S